ブレーキフィッティング云々

トライブファクトリーです。

ブレーキのフィッティングですね。

ちゃんとフォークを伸びきりにして測りますよ~

ちゃんとフィッティングにはそれなりの油脂を塗りますよ~

適度に締めこみますよ~

この辺は、技術とセンスが問われます。そして安全第一。
あとは小さい部材をいじめないで組めるかどうか。

ブレーキホース1本からどうぞ(^^♪

IMG_2573-01.jpg
IMG_2571-01.jpg
IMG_2575-01.jpg
IMG_2570-01.jpg
IMG_2588-01.jpg


“トライブファクトリーはお客様のニーズにお答えするモーターサイクルワークショップです。”
スポンサーサイト

小物ステンレス タンクステー

トライブファクトリーです。

ステンレスで作ってみました。
タンクステーですね。
小物になればなるほど、結構繊細さが要求されるので、精進精進ですね~(^^♪
IMG_2581-01.jpg
IMG_2582-01.jpg
IMG_2583-01.jpg
IMG_2587-01.jpg
IMG_2584-01.jpg



“トライブファクトリーはお客様のニーズにお答えするモーターサイクルワークショップです。”

納車点検整備の一例

トライブファクトリーです。

納車点検整備の一例をご紹介いたします。

全部は書ききれませんので、特にエンジンや吸気周りに関してご紹介。

・当然のことながら、プラグ点検 交換
・プラグを抜いて、オイルをさし、クランキングをして以上の有無を確かめます。
・次に圧縮圧力の測定をします。コールドの圧縮圧力を測ります。これで、走行距離に照らして、エンジンの状況を類推します。
・次に、距離や圧力の状況から判断して、必要となれば、バルブクリアランスの調整をします。
・ここでオイル周りを確認して、エンジン始動します。
・エンジンを温め、以上の有無を確認します。
・再度圧縮圧力の測定を行い、バルブ周りやピストンリング・シリンダの状況などを想像します。
 また、エキパイの温度差なども現状の把握に重要視します。
・次に使用用途やオーナーの要望などに基づいて、オイルを選定し、交換に入ります。

次に吸気です。
・まずキャブ車であれば、よほど新古車のような場合を除き、一度外します。
 油面の確認や僅かなオーバーフローの可能性がないか確認します。
 一定程度乗っていなかったバイクや、ガソリンを完全に抜いて長期保管してあったバイクなどは、
 痩せたり、引いたりして、いろんなところが劣化していることが多いからです。
・リプレイスのマフラーに変更されている場合がウチみたいなお店はほとんどです。
 キャブ車は、スロー系と同調を検討つけながら調整します。

とこんな感じで、納車前試乗に入るわけです。

なんとなく写真をみて想像をしてみてくださいませ~(^-^)
関係のない写真はご愛嬌ということで。

IMG_2555-01.jpg
IMG_2557-01.jpg
IMG_2556-01.jpg
IMG_2559-01.jpg
IMG_2560-01.jpg
IMG_2562-01.jpg
IMG_2561-01.jpg
IMG_2564-01.jpg
IMG_2563-01.jpg
IMG_2565-01.jpg
IMG_2566-01.jpg
IMG_2567-01.jpg
IMG_2568-01.jpg
IMG_2585-01.jpg
IMG_2586-01.jpg




“トライブファクトリーはお客様のニーズにお答えするモーターサイクルワークショップです。”

工作 クイックチャージャーのスタンド

トライブファクトリーです。

クイックチャージャー作ったんですけど、スタンド作ってなかった(-_-;)
チャージャーは設計通りで不具合もなく、非常に落下も早かったので問題なし(写真は今度)

というわけで、調子に乗って、隙を見て(あるのか?
量産しますので、スタンド部品だけ先行で作っておきます~

といっても、ウチは「量産」が苦手なんですけどね。

価格は安価にて設定!(笑
誰か使ってね!

IMG_1637-01.jpg
IMG_1638-01.jpg
IMG_1639-01.jpg
IMG_1640-01.jpg


“トライブファクトリーはお客様のニーズにお答えするモーターサイクルワークショップです。”

セローさん ロッカーアーム接写など

トライブファクトリーです。

ロッカーの接写です。やばいっしょ。
でもすごい。ちゃんと動いてるから!

テンショナは改良品ですね。進行方向に対しての動きを考えてますね。

IMG_1623-01.jpg
IMG_1624-01.jpg
IMG_1625-01.jpg


“トライブファクトリーはお客様のニーズにお答えするモーターサイクルワークショップです。”

スズキ GSX-R 600 エンジン

トライブファクトリーです。

うん、何かとついているエンジンですね。
ちょっと時間が前後しますが、ごめんなさい。
写真は、オーナーの記録用であります。

結果、転倒あったものの、キッチリ走りきりましたね~。

しかし、オイルにうるさいエンジンであります!

IMG_1626-01.jpg
IMG_1627-01.jpg
IMG_1628-01.jpg
IMG_1629-01.jpg
IMG_1630-01.jpg
IMG_1631-01.jpg
IMG_1632-01.jpg


“トライブファクトリーはお客様のニーズにお答えするモーターサイクルワークショップです。”

ガンマ キャブやリンケージ

トライブファクトリーです。

随分動かしていなかった、ガンマのキャブ。
オーバーフロー気味で、いつも片肺気味かな?
リンケージ不良も見ておきました。

IMG_1609-01.jpg
IMG_1611-01.jpg
IMG_1612-01.jpg
IMG_1613-01.jpg


“トライブファクトリーはお客様のニーズにお答えするモーターサイクルワークショップです。”

SHOWA 倒立フォーク ボトムブラケット不良

トライブファクトリーです。

うーん、SHOWAの倒立ですね。
歴戦練磨のフォークです。
OH途中です。

たまに、見ますね。見たことないですか?
フォークの変なところからのオイルにじみ。
ボトムブラケットとインナーチューブの接合部ですね。

この部分、ねじ込み式や嵌合(カンゴウ)によってギチッとなってますが、
いろんな理由でだめになりますね。

このフォークは、この部分見直し。強烈にコース上で負荷を掛けてチェックですね。
バネも変更。

負荷をかけてジャダーのような症状が現れるときは、こういったもののほかに、
スライドメタルの摩耗、とくにアウターチューブ内のメタル摩耗で出るものもありますね。

治るもの治らないものありますが、気軽にご相談を。

IMG_1614-01.jpg
IMG_1621-01.jpg

[広告] VPS







“トライブファクトリーはお客様のニーズにお答えするモーターサイクルワークショップです。”

セローさん、エンジン 各所写真 シリンダなど

トライブファクトリーです。

TKRJさんのピストンに頑張ってもらいましょう。
ボア広げてあります。
クリアランスは普通目です。

あとは、お決まりのとおり、「!!!」なところ探してくださいね。
大丈夫まだ走りますよ。


すごいね。このエンジン。
生き物みたい綺麗に痕跡を残してくれながら、がんばってます。


IMG_1589-01.jpg
IMG_1590-01.jpg
IMG_1594-01.jpg
IMG_1591-01.jpg
IMG_1607-01.jpg
IMG_1595-01.jpg
IMG_1596-01.jpg
IMG_1597-01.jpg
IMG_1599-01.jpg
IMG_1602-01.jpg
IMG_1603-01.jpg
IMG_1604-01.jpg
IMG_1605-01.jpg



“トライブファクトリーはお客様のニーズにお答えするモーターサイクルワークショップです。”

セローさん、エンジン 各所写真

トライブファクトリーです。

さーて、ダメダメなところ、写真とってありますので、
作業者目線で探してくださいね(^O^)

僕の「焦点」が伝わればいいのですが。
何を気にしてるか?毎度のごとく、説明は直接しますので、想像しておいてくださいませ。

IMG_1561-01.jpg
IMG_1562-01.jpg
IMG_1563-01.jpg
IMG_1564-01.jpg
IMG_1565-01.jpg
IMG_1566-01.jpg
IMG_1567-01.jpg
IMG_1569-01.jpg
IMG_1570-01.jpg
IMG_1568-01.jpg
IMG_1575-01.jpg
IMG_1573-01.jpg
IMG_1574-01.jpg
IMG_1575-01.jpg
IMG_1576-01.jpg
IMG_1577-01.jpg
IMG_1578-01.jpg
IMG_1579-01.jpg
IMG_1580-01.jpg
IMG_1582-01.jpg
IMG_1584-01.jpg
IMG_1585-01.jpg
IMG_1587-01.jpg


“トライブファクトリーはお客様のニーズにお答えするモーターサイクルワークショップです。”


お手製 軽量作業台

トライブファクトリーです。

縦割のクランクケースのエンジンとか
小さな排気量のエンジンを組むとき、
あとフォークなんかの長尺の作業の時、
うちのスペシャル作業台(上下鉄板入り・4輪独立キャスター付き! 大笑)が重宝するのです!
くるくる回れるますし。

どうでもいいんですけど、作業風景の紹介でした。
おもーいエンジンとか、ヘビーになるほど、写真の奥の方へ向かいます(^O^)

IMG_1558-01.jpg




“トライブファクトリーはお客様のニーズにお答えするモーターサイクルワークショップです。”

セローさん バルブ ヘッドなど

トライブファクトリーです。

お疲れのバルブ交換ですね。
シートカットして、当たりだして、スプリング交換。
幅は気持ち細めでいきました。
カーボン噛み易そうですし。

IMG_1557-01.jpg


下の写真は、以前の状態ですね。
IMG_1556-01.jpg
IMG_1555-01.jpg
IMG_1554-01.jpg
IMG_1553-01.jpg
IMG_1552-01.jpg
IMG_1549-01.jpg
IMG_1550-01.jpg
IMG_1551-01.jpg



“トライブファクトリーはお客様のニーズにお答えするモーターサイクルワークショップです。”


A/Fセンサーボス 

トライブファクトリーです。

A/F(空燃費)センサーのボス取り付けですね。
これはステンレスです。

IMG_1530-01.jpg



“トライブファクトリーはお客様のニーズにお答えするモーターサイクルワークショップです。”

ラジエター 入れ替え 修理 

トライブファクトリーです。

ラジエターひしゃげちゃって、冷えなそう。。。
というか、もはや温度上がったら危険でしょう!というレベルですので、
入れ替えておきます。

パイピング位置変更・新造・ステー類。

サブラジエターは生かすけど、以前より大きくなったから、
グレードアップと思われます(^O^)

IMG_1529-01.jpg
IMG_1532-01.jpg
IMG_1530-01.jpg



“トライブファクトリーはお客様のニーズにお答えするモーターサイクルワークショップです。”

セロー さん 最初期 エンジン

トライブファクトリーです。

おつかれさまです!
オーナー愛情ハンパなく、OHです。

「機械」として見れば、「コスト」の3文字が浮かびますが、
そんなの関係ない。。。ということで。

うーん、大部品も含めてダメなところばかりだけど、
愛情かけておきます。毒づいてすみません。

シリンダ ボア広げます。
ピストン 大きくします。
ヘッド 厳しいですが、手を入れます。
ロッカー 「!!!」って感じです。
クランクは、年式にしては、「!」って感じです。

それにしても丈夫なエンジンですね。

IMG_1534-01.jpg
IMG_1535-01.jpg
IMG_1537-01.jpg
IMG_1536-01.jpg
IMG_1538-01.jpg
IMG_1540-01.jpg
IMG_1541-01.jpg
IMG_1542-01.jpg
IMG_1543-01.jpg
IMG_1544-01.jpg




“トライブファクトリーはお客様のニーズにお答えするモーターサイクルワークショップです。”

マフラーから土・・・

トライブファクトリーです。

転倒日常茶飯事(クローズドコースですよ)の私には、別にいつものことですが、
オーナーは落ち込んでおります。。。(毒づくなって

ちゃんと走るように愛情込めますので、ご心配なく。

写真よりいっぱいでてきましたよ~「土」
あっちゃこっちゃ手を入れておきます!

ストリート・コース問わず、「壊れて?壊して?落ち込んでいる」人は、
気軽にご相談ください。一助たるよう努力します。

IMG_1533-01.jpg



“トライブファクトリーはお客様のニーズにお答えするモーターサイクルワークショップです。”


OHLINS カートリッジ

トライブファクトリーです。

本日は、OHLINSカートリッジ OH 仕様変更。
それにしてもトップキャップの種類いろいろありますよね~

サスペンション疑問もろもろお問い合わせくださいませ。

IMG_1523-01.jpg


“トライブファクトリーはお客様のニーズにお答えするモーターサイクルワークショップです。”

ピストンを頼もう~? TRX

トライブファクトリーです。

TRXの2号機エンジンさん、900のピストン仮組み中ですが、
ピストントップ容積納得いきません~。

シリンダ面研してもいいけど、ハイカム入れたら後戻りできないですし、

それより何より、

たぶん、このシリンダは「硬い!!」と内燃屋さんに言われる絶対。0.3とか0.35とかオーダーすると、
多分削りすぎるなあ~。ツルピカに、メンケンするのが大変なシリンダというわけですね。

というわけで、特注しよう!

ワイセコさんよろしく~

IMG_2609-01.jpg



“トライブファクトリーはお客様のニーズにお答えするモーターサイクルワークショップです。”

写真FZS1000④

トライブファクトリーです。

この時は、めちゃくちゃ忙しかったので、

速攻で、
ディメンション計測
スイングアーム長・レバー比計算・レートとショック長算出・サスマウント作って、
スイングアーム補強
で形にして、
速攻で、フレーム補強して
速攻で、カウルステー作って
速攻で、シートレール作って、
速攻で、シートベース作って、
速攻で、バックステップワンオフして(売ってないんですもん)

速攻で、仮組み!!


IMG_1200-01.jpg


「行ける??!?か?!」で何回も台上でライディング(笑

なんとなーく、姿勢の変化を想像しながら、組んできます。
あとは実走行で洗い出し。それにしても内製が多すぎ(笑

こういう仕事は楽しいですね~
ワイワイガヤガヤやるのもいいもんです。

今年は空冷かな〜?????間に合うかなかあ????




“トライブファクトリーはお客様のニーズにお答えするモーターサイクルワークショップです。”

キャッチタンク カワサキ

トライブファクトリーです。

キャッチタンクって、機能すればいいに決まっているんですが、
僕はチラッと見えるそいつが只の丸い筒だったりすると、嫌なんです。
覗いてみたら、なんとなく「ふーん」って感じの方がいいじゃないですか。

個人的には、可愛くできたかな?

IMG_2596-01.jpg
IMG_2598-01.jpg
IMG_2600-01.jpg
IMG_2601-01.jpg
IMG_2602-01.jpg
IMG_2874-01.jpg



“トライブファクトリーはお客様のニーズにお答えするモーターサイクルワークショップです。”

ラジアルキャリパースペーサー

トライブファクトリーです。

スペーサー、あるなら買ったほうがいいんですが・・・・

フォークは「あの車種」で、
ディスクの径は「**mmで*用」で、
ホイルは、「この車種」!

なんてこだわって組んでいると、作るしかないんです。


それに凸部をキツメに作ってフォークに残るようにしたかったり、逆にキャリパーに残るようにしたりとか、
上を基準にして、下側を100/5小さくして若干調整代残したりですね。

機能第一なら作るほうがいいのです!

IMG_2687-01.jpg



“トライブファクトリーはお客様のニーズにお答えするモーターサイクルワークショップです。”

ゼファー1100 ピストン 状況

トライブファクトリーです。

見ごたえあり!ですね。
バルブもすごかったですよー。

バルブシートあたり幅、気持ち狭めでエキゾースト揃えておきました。

もうちっといいオイルいれて、たまにブン回しましょうね~!

IMG_2732-01.jpg
IMG_2740-01.jpg
IMG_2741-01.jpg
IMG_2742-01.jpg




“トライブファクトリーはお客様のニーズにお答えするモーターサイクルワークショップです。”


UK DUNLOP D212GP 200/55ZR17 8055

トライブファクトリーです。

D212GP リアタイヤ 8055のコンパウンド入荷手配しています!
去年流通していた8757コンパウンドもございます。
8757に対してコンパウンドは柔めです。

IMG_2869-01.jpg


サーキットユース、ご入り用の方は、
随時お問い合わせください!

“トライブファクトリーはお客様のニーズにお答えするモーターサイクルワークショップです。”

Z750FXⅢ 腰上もろもろ

トライブファクトリーです。

ええ、オーナーともども3型は好きですが、世の中からの風当たりは強いです(笑

パルサー見直し
秘技を使ったヘッド・カム周り見直し→このヘッドは僕しかバルブクリアランス出せません(笑

マニュアルテンショナ途中で切って、ショートスピゴットへ

これでピンゲルも綺麗につきますし、セッティングも決まりやすくなりますよ~

IMG_2855-01.jpg
IMG_2856-01.jpg
IMG_2857-01.jpg
IMG_2858-01.jpg
IMG_2859-01.jpg
IMG_2860-01.jpg
IMG_2861-01.jpg
IMG_2862-01.jpg
IMG_2873-01.jpg


店内暖気中。快調です!


“トライブファクトリーはお客様のニーズにお答えするモーターサイクルワークショップです。”

ゼファー750 車高

トライブファクトリーです。

ブログには載っていませんが、先日リヤブレーキを弄って、
やっと車高を稼げるようになりましたね。

オーリンズ純正のロングエンドアイは、待てども待てどもやってきませんので(ほかのお客さんのもです)
偶然見つけた、延長アダプタで取り急ぎ。ちょっとトラぶったけど、事なきを得ました(笑

IMG_2865-01.jpg
IMG_2853-01.jpg

微調整できればいいんですけど、姿勢はそれほど極端じゃなくいい感じに収まっていると思うので、
車検までしばしこれに楽しんでください~。

後ろに映るは1100さんですね。

IMG_2867-01.jpg


“トライブファクトリーはお客様のニーズにお答えするモーターサイクルワークショップです。”

ゼファー1100 シリンダ

トライブファクトリーです。

偏摩耗してないといいなあ~。
ピストントップの状況がすごかったですし。
スリーブは大事に使いたいもんですよね~(笑

ボアはいつでも広げられるけど、狭くするにはスリーブ打ち換えなければならないですしね。

結論から言うと、オッケーです。
ピストンもまだ使いまーす。
IMG_2843-01.jpg


それからオートバイのエンジン音で一番耳に触るのは、カムチェーントップの音ですね。
オートテンショナ(メーカーでいつも改良を重ねてますよね)もマニュアルテンショナも
この辺のいい感じの張り一つで音と回り方が変わりますね。
そして所有者に一番感じ取りやすい部分かもしれませんね。
この辺はオートだけど、クランク手回ししながら、マニュアルで調整してます!


IMG_2846-01.jpg



追記:エアサクション・バキュームなんちゃらは、直キャブにするでしょうから、キャンセルしておきました。
リードバルブもあんまりいい感じではなかったですし。


“トライブファクトリーはお客様のニーズにお答えするモーターサイクルワークショップです。”

写真FZS1000③

IMG_1190-01.jpg
IMG_1192-01.jpg


えーと何度何分?
ちょっと仮組み?イメージは?
治具に載せるまえに、頭の中で、「この車両はきっと、こうストロークして、この辺に重心があって~」と妄想しながら、頭を悩めるわけです。もちろん、金銭的にも頭を悩めるわけです(笑

“トライブファクトリーはお客様のニーズにお答えするモーターサイクルワークショップです。”

ハイパーコイル HYPERCOIL

トライブファクトリーです。

サスペンションオタクのつもりですが、
バイク乗りとして一番感じ取れるようになりたいのが、バネそのものの違いです。
写真はハイパーコイルですね。各内径ID、各自由長、お見積もりいたします。

IMG_2838-01.jpg


材料や製法によって、特性は各社違いますし、
机上の理論値から大きく外れているものも、なかなかいい線いっているものもあります。
ログデータと見比べてなるほど確かに!とうなずくこともありますが、
実際乗ってみると、硬いはずなんだけど、柔らかく感じたり、その逆もまたしかり。

バネに興味ある方や、バネ談義していただける方、ぜひ遊びに来てください。
2輪に乗る方でバネのはなし(レート以外)する方少ないんですよ~。

ショックダイノお持ちのお客さん紹介しますよ(笑




“トライブファクトリーはお客様のニーズにお答えするモーターサイクルワークショップです。”

APE50 ふー、あちらこちら修理

トライブファクトリーです。

いつもお世話になっているお客様の息子の通勤車(予定

ちょっと、お父さん、ほんとやんちゃすぎるバイク買ってきたので、あちこち手直し。
ごめんなさい。手直し前は、とてもみなさんにお見せできません(-_-;)

あちこち見た割には、価格ガンバリました~。
明日お届けします。

IMG_2842-01.jpg


“トライブファクトリーはお客様のニーズにお答えするモーターサイクルワークショップです。”

GSX-R1000 K6

トライブファクトリーです。

Mさんより、Yさんへ嫁入りですね。
車検証の誤字でちょいポカしてしまいました(-_-;)ご迷惑かけます。

私も含めて、この3人は、赤黒のカラーリングがお気に入りです。
世の中は白青のほうが人気あるみたいですけどね。

じっくり楽しみましょうね~。

各方面、みなさん煽ってはだめですよ~。

ありがとうございました!

IMG_2840-01.jpg



“トライブファクトリーはお客様のニーズにお答えするモーターサイクルワークショップです。”

スイングアームピボット ベアリングなど

トライブファクトリーです。

ニードルベアリングの交換ですね。
フル交換です。

ベアリングを結露しない程度にボチボチ冷し、
受けの方をちょっと熱いなー程度にボチボチ温め、
治具を作って、しっとりとプレスで優しく入れます。

もちろんベアリング以外も、あたりのきついもの、かじったもの、何回も締めたボルトは交換。

丁寧にやりますよ~。

IMG_1522-01.jpg
IMG_1520-01.jpg




“トライブファクトリーはお客様のニーズにお答えするモーターサイクルワークショップです。”

FC2Ad