スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日より年末年始おやすみをいただきます。


 本日より、来年1/4までお休みをいただきます。
 
 本年も、拙ブログお付き合いいただき感謝申し上げます。
 
 来年も、よろしくお付き合いのほどお願い申し上げます。
 
 


 
 本当は、今週手をつけたかったのですが、、、の写真(^^ゞ
 
1-IMG_6823.jpg
4-IMG_6826.jpg
3-IMG_6825.jpg
2-IMG_6824.jpg
5-IMG_6827.jpg





 さて、経理事務やります。。。良いお年を!
 

☆丁寧な作業を心がけています。ご用命おまちしております。

※作業紹介および記録につき、記事日付が前後します。ご容赦ください。
※各種 仕上・組み付け・OH・溶接・加工・ブラスト等「予約」にて承ります。 予算に応じて、ご相談承ります。お問い合わせは、メールフォームからどうぞ!
 
にほんブログ村 バイクブログへ
モーターサイクル文化が発展してほしい!

トップページへ

 
 
スポンサーサイト

写真日記 151229 CBR600RR 定期点検3

 年末でもありますし、じっくり仕事をしていました。雑用が多いのもあるんですけどね。洗浄や面出し、バリ取り、メタルの向き、各油脂の使い分け、トルク管理、などなど、当たり前のことですが、じっくりやってます。冬ということもあって、慌てずいけるのがいいですね。油を切るのだって、じっくりできますから。写真をじーっと良く見ると、どちらが手を入れる前で、どちらが後かわかりますよ。


11-IMG_6799.jpg
03-IMG_6791.jpg
04-IMG_6792.jpg
05-IMG_6793.jpg
06-IMG_6794.jpg
07-IMG_6795.jpg
08-IMG_6796.jpg
09-IMG_6797.jpg
10-IMG_6798.jpg
12-IMG_6800.jpg
14-IMG_6802.jpg
16-IMG_6804.jpg
18-IMG_6806.jpg



 各部締結確認後、できるだけしっかりとお掃除します。速くはならないですけどね。気持ちよくはなります。それにいろいろ見つかりますよ。メーターは、オーナーさん依頼で部品交換。プラグ、2番3番、ストリートにしてはリーンですね。ちょっとオイリーなのが気になりますが、大丈夫でしょう。インシュレーターにA/Cボックス。A/Cボックスは、このあと、シールも箱も全部丸洗いしています。あまりにオイリーで、砂っぽいので。大体終わっているのですが、年末兼月末で、ブログを書くのに時間を割くのもむずかしいので、このあたりで割愛(^^ゞ。また年始に続き書きますね。



20-IMG_6808.jpg
21-IMG_6809.jpg
22-IMG_6810.jpg
25-IMG_6813.jpg
27-IMG_6815.jpg
28-IMG_6816.jpg
29-IMG_6817.jpg
30-IMG_6818.jpg
31-IMG_6819.jpg
32-IMG_6820.jpg
33-IMG_6821.jpg



 今年、一番コストパフォーマンスが良かった道具は、文具ですが、このALLEXの鋏かな。形も美しい。
 
02-IMG_6790.jpg

 

☆丁寧な作業を心がけています。ご用命おまちしております。

※作業紹介および記録につき、記事日付が前後します。ご容赦ください。
※各種 仕上・組み付け・OH・溶接・加工・ブラスト等「予約」にて承ります。 予算に応じて、ご相談承ります。お問い合わせは、メールフォームからどうぞ!
 
にほんブログ村 バイクブログへ
モーターサイクル文化が発展してほしい!

トップページへ

 

写真日記 151228 A/Fとにらめっこ。部品作ったり。整備以外に追われております。


 寒い中、ある車両で走っておりました。ジェットがそろいましたので。早朝は寒いし、ちょっと滑りますね。日中は、どこも年末で混んでいますし、年内にいろいろ目処つけたいですからね。TPSをログに取るのが理想なんですが、ついていないお客様のキャブ車にセッティングのためだけに取り付けるのは、無理なので、ログを走行中にONOFFして、データを区切っています。時間が記録されますから、あらかじめスケジュールを立ててスロットルワークをすれば問題ないです。真っ暗だとわかりづらいので、さすがにお日様が出ている時間帯がベターですが。


1-IMG_6572.jpg


 日中は、T.R.P.代表と、しばし、お話、打ち合わせ。私は、ライダー兼主管でありますのでやることたくさんです。皆様、ご来訪の際は、ちょっと耳を貸してください。興味をもっててもらえるといいんですが!新しいライダーが走りたい!走る!と言っても、ほんと私の力足らずで、、、、皆さん、お力を貸してください!偶然ながら、今日、お話をさせていただいたお客様、感謝です。


4-IMG_6788.jpg


 といいながらも、いろいろ作らないと。見る人が見たら、わかる部品です。ちょっと改良しました。パイプは、単管ぱいぷじゃないですよ(^^♪ 11A構造用鋼管です。何になるかはそのうちに。


2-IMG_6786.jpg
3-IMG_6787.jpg


 本日で殆どのメーカーさん、部材屋さん、が出荷終了です(よくお世話になっているネジ屋さんなんか25日が最終受注(^^ゞ)。足りないものがいろいろありますが、できることをやっておきます。最近、この界隈でも事故が多いみたいです。私も気をつけないと。皆さんも、年末年始の事故にはお気をつけください。明日は、会計に、掃除で終わりそうです。。。
 

☆丁寧な作業を心がけています。ご用命おまちしております。

※作業紹介および記録につき、記事日付が前後します。ご容赦ください。
※各種 仕上・組み付け・OH・溶接・加工・ブラスト等「予約」にて承ります。 予算に応じて、ご相談承ります。お問い合わせは、メールフォームからどうぞ!
 
にほんブログ村 バイクブログへ
モーターサイクル文化が発展してほしい!

トップページへ

 

写真日記 151227 CB750F リヤブレーキなど


 本当に、年末ですね。中々雑事に終われ、ブログを書くのもなかなかままなりません。掃除もしないといけないし、うまく投稿できていないし、などといってもしょうがないのですけれども。もう少しちゃんとできるようにならなければ。
 
 さて、内容が薄いですが、オーナーさん向けで書いておきますね。うーん、きっちり使い切りすぎましたね、Rブレーキパッド。ヘビーな車両は、減りやすいですし、なによりストリートはリヤブレーキ多用しますからね。私なんて、ストリートに限っては、常に触ってるかもしれません。とくに、交差点の立ち上がりとかですね。だからめちゃくちゃ減ります。いつもリアブレーキディスクの磨耗状況を気にするくらいです。


1-IMG_6376.jpg
2-IMG_6377.jpg
3-IMG_6379.jpg


 それにくらべて、フロントは、本当に減ってないですね。ピストンもいい感じです。洗浄、もみだし済みと。あ、パッドピンがベータピンでロックされるタイプのキャリパーにのっている皆さん。たまにキャリパーに目をやってくださいね。特にベータピンがキャリパーの外に露出しているタイプ。たまに外れています。このブレンボなどがそうですね。パッドピン自体が軽く圧入して入れるタイプですので、簡単には抜けないですが、外れているのは怖いですよ、やっぱり。ベータピンでロックするキャリパーは、新しいピンに代えて、ワイヤリングしましょうね。


4-IMG_6380.jpg
5-IMG_6382.jpg
6-IMG_6383.jpg
7-IMG_6384.jpg
8-IMG_6385.jpg
9-IMG_6390.jpg


 と、うまく進まない年末ですが、会計・掃除・企画書などなどやっておりました!
 
 
☆丁寧な作業を心がけています。ご用命おまちしております。

※作業紹介および記録につき、記事日付が前後します。ご容赦ください。
※各種 仕上・組み付け・OH・溶接・加工・ブラスト等「予約」にて承ります。 予算に応じて、ご相談承ります。お問い合わせは、メールフォームからどうぞ!
 
にほんブログ村 バイクブログへ
モーターサイクル文化が発展してほしい!

トップページへ



写真日記 151226 CBR600RR フロントフォークとRサス

 そろそろお休みの方もいらっしゃるようですね。初めて会う、前途洋洋な若者ライダーさんが複数きてお話したり、カップルライダーさんだったり、ベテランライダーさんに、あわただしい1日でありました。

 CBRのサスペンションですね。ちょうどよいOH時期ですね。前後サスは、定期的にOHすることをお勧めします。漏れたり、おかしくなったりしてからでは、だめですよ。なぜ?って、突然OHしたりすると、動きの違いに驚いたり、戸惑ったりしますから。一定の性能レンジで常に前後の足は動いてほしいですからね。
 
  片方、シールからにじみ始めていましたが、フロントはOH時期でしたね。なぜか片方のトップキャップが緩かったです?イニシャルは1.5回転くらいしか掛かってませんでしたが、このフォークは、本当はイニシャルを、アジャスターでいうと真ん中くらいまではかけておきたいバイクなんですよね。気持ちでいいので、もうすこしセットプリロードを増して、ダンピングを調節してやると、動き始めのフィーリングが気持ちよくなると思います。レート的には、ストックは0.8くらいのはずです。
 
05-IMG_6776.jpg
07-IMG_6778.jpg
09-IMG_6780.jpg
10-IMG_6781.jpg
11-IMG_6782.jpg
12-IMG_6783.jpg


 ホンダ・SHOWAですね。仕事しやすくあります。Rサスは、仕様や用途に応じて、なじみのテクニシャンにお願いします。たまには、私もやりますけどね。OHに出す前に、分解して、現状点検。ロッドはそれなりに疲れてますね。磨かれて帰ってきますよ。カバーがあるので見えにくいんですけどね。

01-IMG_6772.jpg
02-IMG_6773.jpg
1-IMG_6784.jpg
2-IMG_6785.jpg

 
 点検洗浄して、磨いたら、また記載します。
 
 
 
 

☆丁寧な作業を心がけています。ご用命おまちしております。

※作業紹介および記録につき、記事日付が前後します。ご容赦ください。
※各種 仕上・組み付け・OH・溶接・加工・ブラスト等「予約」にて承ります。 予算に応じて、ご相談承ります。お問い合わせは、メールフォームからどうぞ!
 
にほんブログ村 バイクブログへ
モーターサイクル文化が発展してほしい!

トップページへ


 

年末年始休業のご案内

年末年始休業のご案内

 平素は、当店をご利用いただき、厚くお礼申し上げます。
 誠に勝手ながら、年末年始は下記の期間を年末年始休業とさせていただきます。
 
 12/30(水)より1/4(月)まで
 
 よろしくお願い申し上げます。
 
 
 トライブファクトリー 関

写真日記 151225 CB750FC リヤ周り メンテナンス


 本日は、午前中より、挨拶回りに出ておりました。各社様、ご対応ありがとうございます。
 
 エンジンメンテナンスの最中ですが、年末年始で中々スケジューリングがたちにくいので、リヤ周りから少しづつ整備をし始めています。お休みのたびに、結構走りこんでいたようですね。リヤ周り各部、結構目いっぱい仕事していましたね。リヤハブ含め、ベアリング関連、いい感じで給脂洗浄時期ですね。ハブダンパーなども交換ですね。
 
03-IMG_6360.jpg
01-IMG_6358.jpg
05-IMG_6362.jpg
04-IMG_6361.jpg

 リヤサス:OHですね。ちょっとレート見直したほうがいいかもしれませんね。また、本当は、アッパーのブッシュおよびスリーブをOHLINS現行のニュージェネレーションのS36のようにスフェリカルベアリングに変更したいのですが、ボディの設計の関係上無理なんですよね。こまめに、ラバーブッシュを交換するのが吉なんでしょうね。安いですし。スプリングのレートを変えつつ、色を黒に変えるなんていうのは、仕様変更と見た目の変更を兼ねながら楽しめそうです。

06-IMG_6363.jpg
07-IMG_6364.jpg
08-IMG_6365.jpg
11-IMG_6368.jpg
14-IMG_6371.jpg

 スイングアームは通常点検でOK。ニードルベアリングやスリーブも問題なさそうです。洗浄給脂。フロントサスペンションは、インナーチューブに小さな剥離が1個ありましたが、ストローク的に問題ないところで一安心。シリコン系のスプレーなどで、たまにさらっと拭いておくと良いと思います。

15-IMG_6372.jpg
16-IMG_6373.jpg
18-IMG_6375.jpg
3-IMG_6388.jpg
2-IMG_6387.jpg
1-IMG_6386.jpg


 チェーンですね。写真のようにしならせると、チェーンの現状が良くわかりますね。まだ使いましょう。 全体的にリヤヘビーなバイクになっているみたいですね。少しリヤを張っていきたいと思います

17-IMG_6374.jpg


また、後々、記載したいと思います。


☆丁寧な作業を心がけています。ご用命おまちしております。

※作業紹介および記録につき、記事日付が前後します。ご容赦ください。
※各種 仕上・組み付け・OH・溶接・加工・ブラスト等「予約」にて承ります。 予算に応じて、ご相談承ります。お問い合わせは、メールフォームからどうぞ!
 
にほんブログ村 バイクブログへ
モーターサイクル文化が発展してほしい!

トップページへ




 

写真日記 151224 S1000RR シフトペダル 改造依頼

 S1000RR。私も以前、サーキットにて乗せられたことがあるんですが、速すぎて目がついていきませんでした。確か、小雨が降り始めたにもかかわらず、レースモード?スリックモード?で、タコメーターの針は、3分の2回るのがせいぜいだった記憶があります。足回りは非常にしなやかだったような・・・・はさておき、
 
 試乗の際は、さして気になりませんでしたが、足の大きさが、26cmくらいのライダーさんでも、ステップバーからシフトペグまでの距離は遠いようですね。測ってみると、一般的なバックステップを例にすると、その距離は、135-145mmが多いかもしれません。該当車両は、160mm弱かと思います。確かに、遠いかもしれませんね。というわけで、20mm強バックしました。
 
 フライスでステップバー基準で平行に下穴。皿ヘックスボルトで留める前提で、圧入カラー作成。アルミ鋳物をTIG溶接。不要部整形。シフトペグ製作。先端の丸みは、ハンドにて。12ミリ薄型スパナで保持できるように。といったところで終わりです。
 
 年末も押し迫ってまいりました。大変恐縮ですが、12/25明日は、日中留守にしておりますので、よろしくお願い申し上げます。
 
01-IMG_6759.jpg
02-IMG_6761.jpg
03-IMG_6762.jpg
04-IMG_6764.jpg
05-IMG_6765.jpg
06-IMG_6766.jpg
07-IMG_6767.jpg
08-IMG_6769.jpg
09-IMG_6770.jpg
10-IMG_6771.jpg


☆丁寧な作業を心がけています。ご用命おまちしております。

※作業紹介および記録につき、記事日付が前後します。ご容赦ください。
※各種 仕上・組み付け・OH・溶接・加工・ブラスト等「予約」にて承ります。 予算に応じて、ご相談承ります。お問い合わせは、メールフォームからどうぞ!
 
にほんブログ村 バイクブログへ
モーターサイクル文化が発展してほしい!

トップページへ



写真日記 151223 FCR シール交換

写真日記 151222 FCR シール交換

 浮動シールの交換ですね。一定の背圧できっちりバルブを保持してほしい部分ですね。このシールはセッティングに大きく影響しますから、定期的に点検・交換したい部品ですね。きっちりと浮動バルブがスロットルバルブから浮いている状態が理想です。ボディの磨耗などに影響しますから、定期的に交換することをお勧めします。

 

14-IMG_6530.jpg
13-IMG_6529.jpg
08-IMG_6524.jpg
07-IMG_6523.jpg
06-IMG_6522.jpg
10-IMG_6526.jpg
09-IMG_6525.jpg
02-IMG_6518.jpg
01-IMG_6517.jpg
05-IMG_6521.jpg
04-IMG_6520.jpg
03-IMG_6519.jpg

 








 水曜日なのでお休みでしたが、複数各社、ご挨拶に伺っておりました。レースにご興味ある方、ぜひご連絡くださいませ!
 
1-IMG_6758.jpg



 
☆丁寧な作業を心がけています。ご用命おまちしております。

※作業紹介および記録につき、記事日付が前後します。ご容赦ください。
※各種 仕上・組み付け・OH・溶接・加工・ブラスト等「予約」にて承ります。 予算に応じて、ご相談承ります。お問い合わせは、メールフォームからどうぞ!
 
にほんブログ村 バイクブログへ
モーターサイクル文化が発展してほしい!

トップページへ




 

写真日記 151222 CBR600RR PC37 正立 定期点検1


 私も昔、レースベースですが、所有しておりました。PC37正立です。とても乗りやすく、気持ちよく走るバイクですよね。車検を取得して半年くらいですが、シャーシ全般の整備依頼をいただきました。ご丁寧に、ミドル・ロワーカウルあたりまで外していただいて、感謝です。とても、綺麗に維持されているバイクで、大変整備しやすくあります。
 今まで、おそらく本格的な脱着を伴う整備はあまりしてないような気がします。いわゆる締め付けたり、分解せず調整を行っていた感じです。外観とは裏腹に、すべて外してまいりますと、それなりにきっちり分解整備する箇所が多数ありそうです。追々記載します。
 

09-IMG_6723.jpg
42-IMG_6756.jpg


 シャーシとは関係ありませんが、インテークマニホールドが痛んでいました。それに、締まっていませんでした(^^ゞ。2番から特に吹き返していたようですね。PC37は、インジェクター側にゴムのマニホールドを取り付けてから、裸のシリンダヘッドへ取り付ける車種です。一番ゴミがたまっているところなので、気を使いますね。レーサーは、インマニはヘッド側に残るように整備していた記憶がありますが、SM上では逆です。また、インジェクターも洗浄時期かと思いますよ。吹き返しやスラッジなど目に付きます。ちょっとオイルが多くて、ブローバイも多いような気がしますね。


03-IMG_6717.jpg
02-IMG_6716.jpg
04-IMG_6718.jpg
05-IMG_6719.jpg
06-IMG_6720.jpg
07-IMG_6721.jpg
08-IMG_6722.jpg
11-IMG_6725.jpg
14-IMG_6728.jpg
15-IMG_6729.jpg
16-IMG_6730.jpg
17-IMG_6731.jpg
18-IMG_6732.jpg
19-IMG_6733.jpg
20-IMG_6734.jpg
21-IMG_6735.jpg
24-IMG_6738.jpg
25-IMG_6739.jpg
26-IMG_6740.jpg
27-IMG_6741.jpg
28-IMG_6742.jpg
29-IMG_6743.jpg
30-IMG_6744.jpg
31-IMG_6745.jpg
32-IMG_6746.jpg
33-IMG_6747.jpg
34-IMG_6748.jpg
35-IMG_6749.jpg
36-IMG_6750.jpg
37-IMG_6751.jpg
38-IMG_6752.jpg
40-IMG_6754.jpg
41-IMG_6755.jpg






 
☆丁寧な作業を心がけています。ご用命おまちしております。

※作業紹介および記録につき、記事日付が前後します。ご容赦ください。
※各種 仕上・組み付け・OH・溶接・加工・ブラスト等「予約」にて承ります。 予算に応じて、ご相談承ります。お問い合わせは、メールフォームからどうぞ!
 
にほんブログ村 バイクブログへ
モーターサイクル文化が発展してほしい!

トップページへ



JP250 ワンメイクタイヤ SPORTMAX α-13SP


 2016年3月から開催される、ロードレース「JP250(Japan Production)」でワンメイク指定される、「SPORTMAX α-13SP」の公式リリースが、住友ゴム工業よりありました。

 おそらく、年明けから、少しづつデリバリーが開始されるかと思われます。
 
 ご興味ある方は、右フォームより問い合わせください。早めのデリバリーを心がけます。


al13sp.jpg

(フロント)
110/70R17 M/C 54H
(リア)
140/70R17 M/C 66H
150/60R17 M/C 66H

※画像は「住友ゴム工業」より転載

 "「SPORTMAX α-13 SP」がMFJロードレース「JP250」クラスのワンメイクタイヤに決定"
 http://www.srigroup.co.jp/newsrelease/2015/sri/2015_148.html



写真日記 151221 ゼファー1100 定期点検5 LEDってどうなんでしょう。


 CVKのメインジェット待ちでした。FCRがおなじみの人にとっては、FCRのMAJ(メインエアジェット)と同じですね。さすがにCVKのメインジェットはそんなに取り揃えなく、久しぶりにたくさんの種類発注しました。とはいっても、CVKのニードルとダイヤフラムピストンとスプリングに悩まされることになると思うんですが。負圧キャブでは、フィルターはもとより、エアクリーナーボックスを撤去すると吸気圧が保てなくて、ジェッティングが大きく外れます。意外とレーシングキャブレターより難しいもんですよ。
 
9-IMG_6697.jpg
1-IMG_6701.jpg
 
 DNAさんのエアフィルターですね。ゼファーではおなじみかもしれません。ギリシャ製ですね。このフィルターは、フレームに干渉しないので、大変重宝するのですが、アダプタを介して、FCRなどに取り付けるのではなく、CVKに直接つける場合、かなりコツがいると思います。おそらく、普通にチャッチャッと取り付けると、「外れます」。走っていてなくなったりしないように気をつけてくださいね。簡単なようで難しいですよ。私は、一工夫して取り付けていますので、大丈夫です!いわゆるホースバンドを利用するわけですが、業界規格で、このくらいの径になると、バンド幅は、9、12.7、14.2ミリなどです。それに対して、CVK側は、バンド幅ギリギリの出代しかありませんから、フィルターが逃げるんですね。フィルター側で逆テーパーにするなど一工夫して作ってもらえると助かるのですが。
 ホースバンドの話をしはじめると長くなりますので、今度是非したいと思います。ホースバンド、とても重要で奥が深いので。

1-IMG_6679.jpg
2-IMG_6680.jpg
2-IMG_6690.jpg
3-IMG_6691.jpg
6-IMG_6694.jpg
5-IMG_6708.jpg
7-IMG_6710.jpg
 
 フロートバルブ交換。油面気持ち高め調整。同調調整。アイドル800rpm以下可能です(薦めませんが)。クラッチマスターのピストン周りはこんな感じです。
 
 LEDのテールランプですね。たしか、初期不良で一度返品交換いたしました。と、思ったら、交換したはずのテールランプがまた不良状態になっていました。うーん、設計不良ですね。LEDは回路的に難しいことはないんですが、問題はマウントや基盤の抑え方で導通不良などになってしまうパターンが多いんじゃないでしょうか。この製品は、メーカーさんが、後から、シーラントでマウントを防振していますが、やはり導通とマウントを兼ねるピンソケットの接点に、問題が出ていました。写真にはありませんが、マウントとは、別にバイパス線を設けています。また、LED直列配置の抵抗値の考え方に若干疑問が残りますが、そこまでは判断しかねました。対策を施しておきましたので、大丈夫かと思います。
 
 
2-IMG_6705.jpg
1-IMG_6711.jpg
3-IMG_6706.jpg

 個人的には、ひまし油の行灯とか、普通の白熱電球とか、直火のストーブなど、アナログでシンプルなものが大好きなんです。LED製品って、基盤やら抵抗やらダイオードやらで、個人的にはあんまりスマートな製品すくないよなあ、と思っています。もう少し洗練されたLEDの実装が普通になるといいですね。


 
☆丁寧な作業を心がけています。ご用命おまちしております。

※作業紹介および記録につき、記事日付が前後します。ご容赦ください。
※各種 仕上・組み付け・OH・溶接・加工・ブラスト等「予約」にて承ります。 予算に応じて、ご相談承ります。お問い合わせは、メールフォームからどうぞ!
 
にほんブログ村 バイクブログへ
モーターサイクル文化が発展してほしい!

トップページへ
 
 
【"写真日記 151221 ゼファー1100 定期点検5 LEDってどうなんでしょう。"の続きを読む】

写真日記 151220 ゼファー1100 定期点検4 と SUGOマルチショートコース


 清掃や磨くのも整備です!のでポリッシュやクロームメッキの部品が多いバイクが入庫されるとちょっと大変。。。でも、ちゃんと磨くべきですよ。愛車に、道具に。曲がりやベアリングの状態を点検するのは、あたりまえ。もちろん、きっちり外して点検ですよ。車両についたまま、まわしてOKなど、まったく意味不明です。いや、お客さんに「大変そうだね・・・」って言われたので(^^ゞ。大変ですけど、磨いたほうがいいに決まってますよ。というわけで、ホイル、こんな感じに復活です。ちょっと前のブログの写真を見れば違いは一目瞭然です(^^ゞ。

1-IMG_6537.jpg

01-IMG_6660.jpg

 そして、ボックスも取っ払っちゃいますので、ハーネス周りの見直しをしちゃいます。増設に増設を重ねた、各種補器類のケーブルや、ほとんど隙間のないレイアウトの隅を工夫して通してあったケーブル類を整理。抜群に整備性と信頼性があがったと思います。もう、とにかく、この車種は隙間なさすぎなんです。延長するとこは延長して、きっちり分岐するところは分岐します。やっぱり、スマートが一番ですからね。
 
1-IMG_6428.jpg
02-IMG_6661.jpg
03-IMG_6662.jpg
10-IMG_6669.jpg
3-IMG_6652.jpg
17-IMG_6676.jpg
15-IMG_6674.jpg
14-IMG_6673.jpg
16-IMG_6675.jpg
07-IMG_6666.jpg
09-IMG_6668.jpg
4-IMG_6653.jpg
5-IMG_6654.jpg
6-IMG_6655.jpg

 タイヤに、スプロケなどのいつもの消耗品を交換して、着地。と、車両の特性上?集合部が地面に接地して凹んじゃってます。オイルフィルター交換するときに、この集合部を外さないとスマートにいきませんから、ちゃんと直しておかないと。プレスで修正。プラグもまだ、電極の角がありますから、きっちり清掃してと。こういう判断も、なじみのショップがあればできることですね。
 
 
 まだ、まだやることありますので続きます。写真は続きますが、整備は完了しております。
 



 話は変わりますが、午後から、SUGOのマルチショートコースにお邪魔してきました。ウチの広報担当:坂巻さんの息子さんが走るというし、駿も以前より走ってみたそうでしたので。須貝義行さんが、管理監督されていて、安心できましたよ。大人から子供までこういうコースで、しっかり走る。もしくは、楽しんで走る。とても、微笑ましくありました。大人の体格の人は、何人か苦しそうではありましたけど、校長先生(須貝さん)の走りを見ている限りでは、言い訳できませんね(^^ゞ。


8-IMG_2027.jpg
1-IMG_1766.jpg
3-IMG_1831.jpg
2-IMG_1790.jpg
4-IMG_1860.jpg
5-IMG_1870.jpg
6-IMG_1992.jpg
7-IMG_2021.jpg

 
☆丁寧な作業を心がけています。ご用命おまちしております。

※作業紹介および記録につき、記事日付が前後します。ご容赦ください。
※各種 仕上・組み付け・OH・溶接・加工・ブラスト等「予約」にて承ります。 予算に応じて、ご相談承ります。お問い合わせは、メールフォームからどうぞ!
 
にほんブログ村 バイクブログへ
モーターサイクル文化が発展してほしい!

トップページへ
 


写真日記 151219 CBR1000RR ブレーキディスク


 SC57後期ですね。懸案のディスク交換です。

01-IMG_6639.jpg

 信頼のサンスター、厚みは5.5です、セミフローティングで組みました。レースも含め、ストリート諸々、いつもお世話になっています。サンスターの良いところは、なんと言っても、良質な耐熱ステンレス鋼材。それと精度と耐久性だと思います。ちなみに私は、かなり酷使して(転倒含む(^^ゞ)おりますが、長い間愛用していますよ。オートバイ用の新品ディスクは、ぱっと見れば、全部同じに見えますが、アルミやスチールパイプにもいろいろあるとおり、組成や処理はまったく違うものです。せっかくお金を出して買うのであれば、有意義なお買い物をしてくださいませ。

03-IMG_6641.jpg
06-IMG_6644.jpg
02-IMG_6640.jpg
07-IMG_6645.jpg
08-IMG_6646.jpg
09-IMG_6647.jpg
10-IMG_6648.jpg

 これで通勤でもスポーツ走行でもばっちり。しっかりとキャリパーを洗い、さらっとエア抜きをして、新規パッドはマーキング。あとは、たまに入庫するたびに、経過をお聞きしますね。
 
 

 
☆丁寧な作業を心がけています。ご用命おまちしております。

※作業紹介および記録につき、記事日付が前後します。ご容赦ください。
※各種 仕上・組み付け・OH・溶接・加工・ブラスト等「予約」にて承ります。 予算に応じて、ご相談承ります。お問い合わせは、メールフォームからどうぞ!
 
にほんブログ村 バイクブログへ
モーターサイクル文化が発展してほしい!

トップページへ



写真日記 151218 Z1000水冷 何これ!KZ1000プラグ何これ!


 本日も意気揚々とお仕事でした。だが、しかし!、今はとてもブルーになりながら、気を張っています!(^^ゞ
 
 朝から、お客様に部品を届け(忘れちゃだめですよ~)て、バイク好きのお客様に見送られ、意気揚々と高速道路に乗りました。そろそろ、慣らしもOKな感じだよなあ(オーナーさんも高速乗って慣らしほどほどにしております)って。燃料が全体的に足りない予想はついていたので、今まで、結構大きい番手で走っていましたが、絶好調。きれいに走る。うん、速いという感じ。
 
 そろそろ詰めよう・・・と。お客さんが、車庫を建てるまで、ちょっと預かるとは話していたものの、年末ですし、ぼちぼち締めないと、思ってですね。入庫時とさして変わらないMJでちょっと長めのアクセル全開。気分的には、ちょっと絞った感じ。点火も若干調整。うん、伸びる。もう一回、うん、伸びない?やっちゃったかな?すいません、ちょっと詰めすぎました(^^ゞ。
 とはいっても、普通に走れるのが、Z。そろりそろりと、お店へ到着。うーん、やっぱりきつかったなあ。どの気筒も、焼けきっちゃって。って問題は3番!おー、落ちなくてはよかったけど、抜けたな、これは。。。というわけで、仕事帰りのオーナーさんと、「あー」だの、「おー」だの、言いながらピストントップを眺めて、もう少しだけ作業延長確定!いつも、気持ちよくご理解いただき、感謝感謝です!いろんなバイクライフ満喫させてしまってすみません(^^ゞ。
 
 このブログは、乗り物好きのお客さんが多く見ているでしょうから、3番プラグを見たら、何がどんな感じか!想像できますよね。というわけで、想像してください!過ぎたるは及ばざるが如し!なのです!

 
 これは、全景。薄いですねー。レーサーみたい。すぎる。
1-IMG_6684.jpg

 これは、真ん中が3番!おっ!
2-IMG_6685.jpg
 
 これは、左が3番!右が4番!へっ!偶然にも4番プラグの前には、HOPESの文字が!3番の前には、、ない。。。
3-IMG_6686.jpg




 話しかわって、同じZでも、こちらは、水冷のZ1000。うん、なにこれ!タイヤにスタンプ押してありますけど!「潟新」の「反転」バージョン?
3-IMG_6620.jpg
 
 そう、びっくりするくらい、きれいにまっすぐ、追突されたのです。。。おかげさまで、大事な大事なZ1000は、見た目以上に相当なダメージを食らいました。たしか、20万キロ手前?_15万キロ以上の走行距離だったかな?。あんまりない壊れ方をしてるんですよね。どんな壊れ方をしたのかは、おいおい紹介いたします。

 ふー、ため息ついている場合じゃない~、がんばらなくっちゃ!

2-IMG_6619.jpg
1-IMG_6618.jpg
 



2台とも、ライダーさんとは切っても切れない大事なバイク。きっちり最後まで、お付き合いいたしますよ。


 
 
☆丁寧な作業を心がけています。ご用命おまちしております。

※作業紹介および記録につき、記事日付が前後します。ご容赦ください。
※各種 仕上・組み付け・OH・溶接・加工・ブラスト等「予約」にて承ります。 予算に応じて、ご相談承ります。お問い合わせは、メールフォームからどうぞ!
 
にほんブログ村 バイクブログへ
モーターサイクル文化が発展してほしい!



トップページへ


写真日記 151217 ステムの調整。リングナット


 ステムのリングナットですね。最近、重整備車両が続くので、書いてみます。マニュアル数値と、車両の状態、ライダーの好みなど、いろいろな要素がかかわるナットですね。一番重要視するのは、「手」の感覚です。ゆるすぎず、きつすぎず。中々経験がいると思います。二つ目に重視するのは、いつも同じくらいのステアの動きであることです。要は再現性ですよね。これが結構難しいんです。

2-IMG_6682.jpg


 複数のレースメカさんなどが、手締めで締めると、まったく違うバイクになるといったことが、ままあります。曲がらないバイクにも、フラフラするバイクにもなったりします。そういう時は、なるべく、トルクレンチを使って、再現性を維持します。一ライダーとしてもかなり重視する部分です。締め付けがあってないと、ものすごく疲労したりするんですよ。


2-IMG_6393.jpg
1-IMG_6392.jpg


 最後に、ベアリングの種類による違いですね。ボールベアリングとテーパーローラーベアリングの違いですね。基本的に締め付け方と締め付けトルクに、大きな違いがありますね。また、どちらのベアリングを採用するかで、ステムナットのトルクも変わってきますね。点接触と線接触では、トルクが変わって当然なんですけどね。また、最終的なトップブリッジの締め付けも変わってくるんですけどね。たまに、とんでもなくしまってるテーパーローラーベアリング採用の車両などが入庫してくると、ライダーもベアリングも大変だったことでしょう~!なんてこともありますので。


 ちゃんと締めれるショップさんにお世話になってくださいね~。
 

☆丁寧な作業を心がけています。ご用命おまちしております。

※作業紹介および記録につき、記事日付が前後します。ご容赦ください。
※各種 仕上・組み付け・OH・溶接・加工・ブラスト等「予約」にて承ります。 予算に応じて、ご相談承ります。お問い合わせは、メールフォームからどうぞ!
 
にほんブログ村 バイクブログへ
モーターサイクル文化が発展してほしい!

トップページへ

YZF-R15 サザンサーキットへ 駿


 小雨がポツポツ降り始めるところ、ちょっと危機感の強い楽天家?の、駿の要望で、サザンサーキットへ。お店のある名取市内から、西側へ20分くらいの位置にあるミニサーキットです。最近は、4輪が主?なのかな?ちょっと路面が荒れてますが、走ることに意義があるのでしょう。今日は、高校が、2者面談らしく、授業は午前で終わり、半ドンらしいです。

 
1-IMG_6678.jpg


 YZF-R15ですね。ひじょうに硬めな足回り。いわゆる「スパルタン!(古っ)」な、ちょっと、それなりの乗り手を要求するバイクでしょう。特にミニサーキットで、この車両をいなしてスムーズに乗れるライダーさんは、車両をきっちり丁寧に動かして、FRともにトラクションをだせるライダーでしょうね。いやはや、車両的につらそうだけど、乗れはするみたいですね。
 
 小2時間走って、彼は、今度は自動車学校へ。私目は、定休日ですが、お仕事。ああ、忙しい。授業終わったあとに、サーキットへ行くなんて、ああ、うらやましい~。代われるもんなら代わりたい(^^ゞ
 
 まずは、がんばって走っていたようですよ。応援のほど宜しくお願い申し上げます。
 
にほんブログ村 バイクブログへ
モーターサイクル文化が発展してほしい!

トップページへ

写真日記 151216 アイバッハとか部品注文など


 身近なお客様にいただく部品注文など大変感謝感謝です。
 バネなども「現状こんな感じなんだけど、どう思う?」と言われれば、もちろん興味ありありですので、一緒に頭悩めますよ。
 部品も毎度毎度、ご丁寧に、紙やメール、電話などでご注文いただくお客様、感謝です。単に頼むといっても、様々です。いろいろ相談されれば、親身に応えますし、不明な部品や、おまかせなどにも、うまく用途にあうように対応しています。
 ご自分で整備されるお客様にも、支えられています。お気軽に、いろいろな部品問い合わせしてみてくださいね。一人で決めるより、店主と頭を悩ますというのは、中々いいものですよ(^^♪


1-IMG_6615.jpg
2-IMG_6657.jpg


☆丁寧な作業を心がけています。ご用命おまちしております。

※作業紹介および記録につき、記事日付が前後します。ご容赦ください。
※各種 仕上・組み付け・OH・溶接・加工・ブラスト等「予約」にて承ります。 予算に応じて、ご相談承ります。お問い合わせは、メールフォームからどうぞ!
 
にほんブログ村 バイクブログへ
モーターサイクル文化が発展してほしい!

写真日記 151215 ゼファー1100 定期点検 3


 ゼファーさん続きですね。ステッププレートは分解整備。うーん、いわゆるブッシュメタル式のステップなんですが、精度がいまいちなのか、半端なくガタツキがでるステップですね。一応、ウェーブワッシャで、横方向にテンションを張ってはありますが、へたるとガタが如実に出るんでしょうね。ツバつきのベアリングでも圧入して、、と思いましたが、シムと新しいウェーブワッシャで微調整。しばらく大丈夫かと思います。設計的に?なリアブレーキスイッチは、油圧へ変更。同時にリヤホースも変更してあります。ステップバーのボルトも曲がりありでしたので交換。そう、リアマスターに中途半端なリターンスプリングがついていますね。ナットの数が足りないですよ、メーカーさん。M8の薄ナットでスプリングシートをとめて、節度感ばっちり。

2-IMG_6623.jpg
1-IMG_6622.jpg
4-IMG_6560.jpg
2-IMG_6558.jpg
1-IMG_6557.jpg
01-IMG_6624.jpg
12-IMG_6658.jpg


 スイングアームは外して点検給脂ベアリング良好。エンジン下回り、前周り、にじみと緩みを確認しながら、がんばって清掃。中々手が回らない、リアフェンダー裏も清掃。フロントブレーキは、良好のはず!でしたので、改めて、ピストンの出代と磨耗の仕方を確認後、洗浄もみだし。

4-IMG_6478.jpg
2-IMG_6471.jpg
3-IMG_6474.jpg
1-IMG_6467.jpg
1-IMG_6616.jpg
2-IMG_6617.jpg


 キャブですね。きれいに1番のフロートチャンバーにごみがたまっています。結構大きいですね、バルブシートの径考えると、結構通りづらそうなもんなですが。負圧コックですし、プライマリを使わない限り、大きな問題になりにくいとは思いますが、後々のことを考えると、現状のタンクやフューエルラインを見直すことを考えたほうがよさそうですね。また、フロートバルブの磨耗もそれなりにありますね。距離からすると、若干磨耗は大きいかもしれません。細かなごみが、普段から落ちてきているからです。おそらく、走行時のチャンバー内の油面は、あまりそろってないと思います。各気筒、燃圧がばらつくと思いますよ。バルブを新しくして、油面を合わせたいと思います。


05-IMG_6630.jpg
06-IMG_6631.jpg
07-IMG_6632.jpg
08-IMG_6633.jpg
09-IMG_6634.jpg
10-IMG_6635.jpg


 クラッチのマスターですね。このインナーピストンの交換のタイミングって、判断つきかねると思うんですが、レバーをにぎったとき、ゴムの音(ピストンシールです)がして、汚れが著しく出るようでしたら、交換すべきです。シールがきれいに接触しないで噛み気味になってるんですね。ブレーキ側なら、ぎっちり握ったとき、「コツッ」といった金属の感じがするようでしたら交換してしまいます。クラッチやブレーキは、操作している時間がとても長い部分ですので、きっちりクオリティを上げたいですね。


11-IMG_6649.jpg


 なぜだか、フェンダに接触跡(転倒?)があり、割れが進行中でしたので、割れ先に穴を開けて、ピンで留めちゃいます。美観的には、隠れる部分ですので、目立ちません。後々フェンダー交換?されると思いますので、どこかに飛んでいかないことを最優先に!

04-IMG_6629.jpg
02-IMG_6627.jpg
03-IMG_6628.jpg


また後日記載しますね。


☆丁寧な作業を心がけています。ご用命おまちしております。

※作業紹介および記録につき、記事日付が前後します。ご容赦ください。
※各種 仕上・組み付け・OH・溶接・加工・ブラスト等「予約」にて承ります。 予算に応じて、ご相談承ります。お問い合わせは、メールフォームからどうぞ!
 
にほんブログ村 バイクブログへ
モーターサイクル文化が発展してほしい!

雑談です。 『THE MORIWAKI BOOK』1985年刊行 知ってますか?


 すいません、ちょっとレースの話です。
 最近、やっぱり、若い子と話す機会が多いんですよ。
 すごいやる気がある子もいるし、やる気に比して同じくらい足りないものが多い人もいるんです。
 趣味のツーリングバイクのお客さんから、本気レーサーまで柔軟に頭を切り替えてお話はしますが、それぞれ伝えたいことに違いがありますし、またその違い自体、性質的に間逆なこともままあります。それでもがんばってお話しています。
 ただ、停滞や現状維持が、後退にもなりえるレーサーさんには、前進するために、なるべく多くのことを伝え、可能な限り彼らに応えなくてはならないと思っています。ですが、私の能力不足が露呈するばかりで、なかなか前進させてあげられないのが、現状なんだと思っています。

1-IMG_6637.jpg


 手を休めて、書棚にあった、モリワキさんのカタログを、たまたま手に取りました。そうだ、モリワキブックってあったなあって。とてもいい本なんだと思います。私は、原本をもっていません。昔から、この抜粋されたメッセージはよく知っていました。とても、わかりやすいメッセージだと思います。
 
 いま、自分の立場で、この本来若者向けのメッセージを読み返すと、いろいろな人の目に留まってほしい内容だなとつくづく思います。自分のために見るのではなくて、レースをしようとしている人、レースにまったく興味のない人、ツーリングが大好きな人。バイクなんてまったく眼中にない人。そういういろんな人の目に留まってほしいと思いました。
 
 ちょっと、時間のある人、見てみてください。なんでもいいので、思うところがあればうれしいです。
 何か、がんばろうとしている人、見てみてください。たぶん、何か思うはずです。
 特に若手のレーサー志望。必ず見てください。時代は異なっても、大事なことは変わりません。
 
 THE MORIWAKI BOOK 抜粋 メッセージ 
 ・君たちに不可能はない
 ・エネルギー
 ・自覚
 ・不可能
 ・代償
 ・勝者
 ・挑戦
 
 物理的な変化、取り巻く環境の違いは、大きいものがありますが、大事なことは色あせないと思うのですけどね。

 (※文中、「鈴鹿は2分7秒」は、かつては「2分10秒」、「ケーシー・ストーナー」の部分は、「フレディ・スペンサー」でした。モリワキクラブの発足が1985年ですからね。この抜粋部分は、ライダーに向けて書かれている部分だと思います。メカニックに向けた内容などもあるんですよ。興味があれば、ぜひ探して入手してください。)
 
 店主の独り言でありました。こんな店主の一人くらいいても良いと思いますので。
 
 モリワキエンジニアリングさん、ありがとうございます。
 
にほんブログ村 バイクブログへ
モーターサイクル文化が発展してほしい!

写真日記 151214 ゼファー1100 定期点検 2


 本日も丁寧に作業をしております。
 各部課題が多いですが、ブレーキパッドなどの消耗品など、もう少し使ってから、本格的にOHしたほうが良い箇所などあるので、中々判断が難しい箇所も複数ありますね。個人的には、「こうしたほうがいい!!!」「違う部品つけたい!」という箇所は、たくさんあるのですが、予算ありますので、なるべくがんばってやっております。
 
 エンジンマウント確認の後、この辺までは、いったん各部品を外します。
 
4-IMG_6476.jpg
5-IMG_6477.jpg
3-IMG_6475 - コピー
 
 リアブレーキは、ダストシールがこのキャリパーのネック。へたりやすく、抵抗になりやすい。まめな清掃が肝要です。当該キャリパーピストンは、ちょっと深めの錆からくる傷が出てしまっています。仮に新品パッドに交換したとしても、距離的にオイルシール部分までいたりませんので、フルードが漏れることはありませんが、ピストンの動きは十分阻害されますので、もう少ししてブレーキパッドを交換するときには、そのとき同時にキャリパーピストンを交換しましょう。
 
 それから、中古などでの購入時から、たまには新車時からでもあるんですが、キャリパーピストンのブリーダーボルトからのフルードにじみがある車両をたまに見かけます。当該車両は、にじんではいませんが、片方のブリーダーボルトにシーリングがしてあります。ここは、純正車両であれば、大概、アルミの鋳造キャリパーにたててあるメネジに締めこむわけですが、本来であれば、手締めでとまるくらいでいいのです。マニュアル的には、8N弱で記載ありますが、それは新車の組み付けトルクであって、そうですね、一回外したら5Nくらいの力で問題ないと思います。ただ、通常、販売店さんもユーザーさんも心配なんで、結構しつこくしめつけているので、メネジと奥のテーパー面が傷んでしまうんです。こうなると、キャストのキャリパーは穴が広がる一方なので、ボルトを変えても意味はありません。気をつけてください。それから、エア抜きをした後、必ず、ブリーダーボルト内部のフルードは吸い取ります。残ったフルードが結晶化して、後々通路を塞ぎエア抜きできないなんて、車両もたまに入庫しますので。
 
01-IMG_6544.jpg
02-IMG_6545.jpg
04-IMG_6547.jpg
03-IMG_6546.jpg
07-IMG_6550.jpg
08-IMG_6551.jpg
09-IMG_6552.jpg
10-IMG_6553.jpg
12-IMG_6555.jpg
13-IMG_6556.jpg


 ミッションカバーを外して、各シール交換。スプロケカバーも外してありますので、オイルのにじみがダイレクトに飛びますからね。
 
1-IMG_6538.jpg
2-IMG_6539.jpg
3-IMG_6540.jpg


 また、後々作業内容アップいたします。
 
 
☆丁寧な作業を心がけています。ご用命おまちしております。

※作業紹介および記録につき、記事日付が前後します。ご容赦ください。
※各種 仕上・組み付け・OH・溶接・加工・ブラスト等「予約」にて承ります。 予算に応じて、ご相談承ります。お問い合わせは、メールフォームからどうぞ!
 
にほんブログ村 バイクブログへ
モーターサイクル文化が発展してほしい!

FAX番号変更のおしらせ

御取引先・関係者各位

 いつも大変お世話になっております。

 FAX番号を変更いたしました。
 つきましては、番号登録の変更をお願い申し上げます。

 (旧) 022-352-7933 → (新) 022-397-9733

 よろしくお願い申し上げます。

 トライブファクトリー 関 

 2015/12/13

写真日記 151213 気持ちよくて速いです。Z。E・HEATとか。


 シフトドラム・ニュートラルポジションのプレートなど微調整。1.5タンク分くらい走行して、ミッションならしがほぼ完了したエンジンオイル。MOTY'S M256 です。エンジン慣らし中ながら、キャブセッティングは実走行にて、あらかた傾向は出しておきました。十分合格点です。メーターなんか見てられないくらい、かなり速いですよ。点火タイミング、どちらかというと遅め。ハイカムいらないと思いますけどね。私、どんな車両でも乗ってしまう人間ですが、どんな車両が気持ちよく走れるかは、自信を持って、知っていると言えます。現状車体に関して言えば、誰が乗っても、「おっ!」と思うくらい、気持ちよい操安です。フロント19インチの、ナチュラルで、決して人を追い越さない、かといって入力に対してほどよくきっちり反応する車体、楽しんでください。
 

1-IMG_6611.jpg
2-IMG_6612.jpg



 今日は日曜日ですから、オーナーさん、乗りますよね??
 いつでもどうぞ。大丈夫ですよ。
 

4-IMG_6567.jpg
5-IMG_6568.jpg
8-IMG_6571.jpg
7-IMG_6570.jpg


 さて、E・HEAT。グリップヒーターがついている車両を所有する店主としては、「暖かさ」の恩恵は、よくよくわかっています。この製品は、グローブやウェアに給電するユニットですね。旧車でも、現行車でも、いろいろなアクセサリをつける時代です。ちゃんと使用アンペア数考えて、リード線を前もって作っていますから、スマートに心配せずにいけますよ。時代は変わりましたね~。エアバッグに、ヒーター?つきのウェアですからね。せっかくですから、大いに恩恵にあずかって、空気密度の濃い冬空で、慣らしを楽しんでくださいね。

1-IMG_6564.jpg
3-IMG_6566.jpg

 
☆丁寧な作業を心がけています。ご用命おまちしております。

※作業紹介および記録につき、記事日付が前後します。ご容赦ください。
※各種 仕上・組み付け・OH・溶接・加工・ブラスト等「予約」にて承ります。 予算に応じて、ご相談承ります。お問い合わせは、メールフォームからどうぞ!
 
にほんブログ村 バイクブログへ
モーターサイクル文化が発展してほしい!

写真日記 151212 パーカー鋲って知ってます?


 たまには、かるーく書きます、だけどちょっとマニアックな話かな。いつものことだと言われるのかもしれませんが。。。
 
1-IMG_6508.jpg

 
 鋲です。「びょう」ですよ(^^♪ 丸リベットとか叩きリベットとかいろいろありますけど、「パーカー鋲」なんて知りませんでした(^^ゞ
何に使うの?って、ハンドルロックのここです。

 ニッケルメッキで1個ほしいだけなんですけど、1000個来るのです。。。おそらく1001個以上は入ってるんじゃないかな?
 
 そして、結局のところ、最大サイズ#6番でも、やっぱり若干ゆるくてがたつくので、ねじロックしてボルト留めに落ち着くのでした(^^ゞ
 
 というわけで、おそらく1000個は入っている「鋲」、誰か使い道教えてください。。。
 
2-IMG_6509.jpg
3-IMG_6510.jpg
 



 それから、

 お客さんに、丸々太った「ワラサ」と、この辺では馴染みが薄い「ホウボウ」をいただいちゃいました。船上で活締め済み!チルドでちょうどいい具合に熟成済み! ありがとうございます! 「たいへんおいしゅういただきましたぁ~」
 
1-IMG_6562.jpg
2-IMG_6563.jpg
 
☆丁寧な作業を心がけています。ご用命おまちしております。

※作業紹介および記録につき、記事日付が前後します。ご容赦ください。
※各種 仕上・組み付け・OH・溶接・加工・ブラスト等「予約」にて承ります。 予算に応じて、ご相談承ります。お問い合わせは、メールフォームからどうぞ!
 
にほんブログ村 バイクブログへ
モーターサイクル文化が発展してほしい!

2016年度から始まる JP250 って?

 レースに興味のないお客さんも多数いると思うんですが、ぜひ、お互いに知り合ってほしいので、とりあげます。
 
 2016年度から、「JP250」というレースカテゴリーが始まります。「JP」とは「ジャパニーズプロダクション」の略です。基本理念は、日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJといいます)によりますと、「公道用一般市販車をベースに、安全性、平等性、経済性を考慮し、最小限の改造とコストで参加できる、参加型レースを基本理念とする。」とのこと。

 このカテゴリで使用する公道用一般市販車とは、250cc~300ccのオートバイです。今多数の老若男女のライダーさんが乗っている、YZF-R25、NINJA250、CBR250などの車両が、該当車両になるんです。ツーリングで使ったり、通勤で使ったり、いろいろな使用用途があるとおもうんですが、この車両たちで、モータースポーツするんですね。面白そうだと思いませんか?
 
1-yzf-r25-lorenzo-11.jpg
1-IMG_0963.jpg
 
 
 
 実は、このシングルやツインの250ccクラスの車両のレースは、アジアでものすごく人気なんです。自分たちにとって身近なカテゴリで、勝負し合うんですから、盛り上がるはずですよね。東南アジアで開催されている、同車両のレースカテゴリを「AP250」といいます。先ほどと同じで、「アジアプロダクション」の略です。
 プロダクションバイクって、何?という声が聞こえてきそうですね。要は、どこのバイク屋さんでも普通に買える、一般のお客さんに向けて作っているバイクのことです。その点を皆さんに強調してるんですよ。要は、そこのツーリングバイクと大して違わない状態でレースに出てる!ということです。ちょっと身近に感じませんか?
 
 モータースポーツ離れが言われて久しいですが、少しづつ、バイクを取り巻く世代や価値観の変化・入れ替わりを感じています。ウチみたいなショップが思っていることは、ツーリングを楽しんでいる人には、モータースポーツに関心を向けてみてほしいし、レース一辺倒の人たちには、ツーリングやいろいろなバイクの楽しみ方に目を向けてほしいんです。だから、ちょっと想像してみてほしいわけですよ。そこのバイク便さんのバイクや、ツーリングに向かっているバイクと同じバイクで、今日はどこかのコースでアクセル全開にしているわけです。面白くないでしょうか?
 
 理想を言えば、たとえば、YZF-R25でツーリングがてら、途中でサーキットに立ち寄って、JP250を観戦する!なんて理想的で、いろんな楽しみ方がクロスして、いいなあと思うんですけどね。
 


 ここからは、レース参加者向けのお話です。MFJより、JP250の技術仕様が発表されています。下のリンクをクリックしてくださいね。ばっちり参加する意志満々な人たちは早くに目を通しておくべきですよ~。基本、オールシーズン走れる車両カテゴリといっても過言じゃないですからね。よろしくお願いいたします(^^♪
 
 MFJ JP250 技術仕様 リンク 2015/12/11時点
 



☆丁寧な作業を心がけています。ご用命おまちしております。

※作業紹介および記録につき、記事日付が前後します。ご容赦ください。
※各種 仕上・組み付け・OH・溶接・加工・ブラスト等「予約」にて承ります。 予算に応じて、ご相談承ります。お問い合わせは、メールフォームからどうぞ!
 
にほんブログ村 バイクブログへ
モーターサイクル文化が発展してほしい!

写真日記 151211 ゼファー 定期点検 あちこちですね・・・

 オーナーさん、忙しくて、乗りたくても、乗れなくて、触りたくても、触る暇がなかなかなくて、かなりあちこち痛んだのだと思います。。。。△な部分は、限りなく×と判定して、きっちり、ベストコンディションに引き上げるべくやっていきます。距離的に今、ちゃんとやらないとまずいのです。

21-IMG_6414.jpg

 部分の写真ばかりですが、ご容赦ください。エアクリーナーボックス部分のみ、ちょっと説明します。
 ゼファーによくありがちな、ブリーザーとエアクリーナーボックスとのゴムジョイントの劣化です。なぜだか、このゴムジョイント、廃番なんですよ。該当車両は、硬化して、切れちゃってました。ここからオイルミストが周辺に舞い、かつ雫となってあちこちに付着します。また、水分や埃などの浸入も起こりやすくなると思います。エンジン周りは、常にクリーンに心がけたいですね。


 現状、↓の画像のとおり、こんな感じですね。。。。徹底して、整備いたします。

20-IMG_6413.jpg
19-IMG_6412.jpg
28-IMG_6421.jpg
18-IMG_6411.jpg
13-IMG_6406.jpg
14-IMG_6407.jpg
23-IMG_6416.jpg
1-IMG_6468.jpg
26-IMG_6419.jpg
27-IMG_6420.jpg
22-IMG_6415.jpg
2-IMG_6472.jpg
3-IMG_6473.jpg
1-IMG_6466.jpg
4-IMG_6481.jpg
5-IMG_6482.jpg
1-IMG_6423.jpg
2-IMG_6424.jpg


☆丁寧な作業を心がけています。ご用命おまちしております。

※作業紹介および記録につき、記事日付が前後します。ご容赦ください。
※各種 仕上・組み付け・OH・溶接・加工・ブラスト等「予約」にて承ります。 予算に応じて、ご相談承ります。お問い合わせは、メールフォームからどうぞ!
 
にほんブログ村 バイクブログへ
モーターサイクル文化が発展してほしい!

写真日記 151210 燃料不足です。Z。レースベース問い合わせに関しまして。

 本日は、設備の入れ替えや、ガス瓶をたくさん入れ替えたり(窒素用意し始めました)、ブレーキ周りからはじめる車両の打ち合わせをしたり、車検に行ったりで、あわただしくありました。

3-IMG_6513.jpg

 そんな中、車検に向かいながら、キャブ車両のセッティングをしてたんですが、どうにも中開度くらいからガスが足りない。本当にどうしようもなく足りない。ジェッティングじゃなくて、燃料供給の部分ですね。何回か簡易でフュエルラインを点検しながら乗っていたんですが、これだ!と原因を特定する決定打にかけました。目視では問題なさそうに見えるんですよ。ちなみに25%開度以下での巡航なら、燃料追いつくみたいです(^^ゞ
 
 また、うちの作業スペースは通年、室温18度以上です。今なんか21度。早朝の外気は3度以下。急激な気圧差などいろいろ疑いましたが、結果として、タンクキャップ、フルオープンだと問題ないわけです。開けてないと、店を出てから、必ず、2分30秒で、ログのAFRの数字が大きくなって、ストール。というわけで、決定打にかけるのです。明日から雨なので、今日なんとかしたかったのですが。。。書き終わったら、また走りに行きます(^^ゞ タンクキャップゆるい!とか漏れるとか良く聞く話ですが、きっちり漏れないくらい気密がしっかりしてると、めちゃくちゃシビアです。レーサーみたいにベントホース追加したいくらい。。。

1-IMG_6502.jpg
2-IMG_6506.jpg
4-IMG_6514.jpg



 話は変わりますが、レースベースのお問い合わせいただき、ありがとうございます。

3-IMG_6536.jpg
1-IMG_6533.jpg
2-IMG_6534.jpg


 購入を検討するにあたって、当然ながら慣れている方のほうが少ない、と思いますので、購入・仕様用途・運用方法・その後のメンテナンスなど、疑問の点は、なんなりとお問い合わせください。また、来店いただき、いろいろお話しするのも、歓迎です。現物を見ることも可能です。日時など、ご要望をメールにてご連絡いただければ、対応いたします。
 
 いろいろなサンデーレーサーさんや、走行会車両のオーナーさん、真剣なレーサーさんまで、多数お付き合いしておりますので、いろいろな方面でのお話が可能です。お気軽にお問い合わせください。
 
 さて、FCR、リップ交換しておりましたので、同調とることといたします。


☆丁寧な作業を心がけています。ご用命おまちしております。

※作業紹介および記録につき、記事日付が前後します。ご容赦ください。
※各種 仕上・組み付け・OH・溶接・加工・ブラスト等「予約」にて承ります。 予算に応じて、ご相談承ります。お問い合わせは、メールフォームからどうぞ!
 
にほんブログ村 バイクブログへ
モーターサイクル文化が発展してほしい!

写真日記 151209 フレームブラストの様子 Z ご参考までに

 お問い合わせいただいておりますので、実際のブラストの模様をアップします。これは、Zのフレームで、塗装前提のハードブラストになります。画像のとおり、各所直しも同時に承ります。

 フレームの各所直しとブラスト・塗装前の様子であります。クラック修正・研磨、サイドスタンド付け根修正などです。溶接はすべてTIGになります。このフレームは、ひどい腐食や曲がりなどなく、大変良い状態でした。かつて、塩の被害(津波です)を受けたフレームなども処理しました。パイプ内部に関しては、できるだけ薬品にて処理・中和・さび防止剤の封入などいたしましたが、錆がひどく浸潤しているようなパイプフレームは、加算費用がかかりますので、処理レベルの程度を要望いただけますと助かります。

☆丁寧な作業を心がけています。ご用命おまちしております。

01-IMG_5815.jpg
03-IMG_5817.jpg
04-IMG_5818.jpg
05-IMG_5819.jpg
06-IMG_5820.jpg
09-IMG_5823.jpg
10-IMG_5824.jpg
07-IMG_5821.jpg
08-IMG_5822.jpg
12-IMG_5826.jpg
13-IMG_5827.jpg
14-IMG_5828.jpg
15-IMG_5829.jpg
16-IMG_5830.jpg
17-IMG_5831.jpg
18-IMG_5832.jpg
19-IMG_5833.jpg
20-IMG_5834.jpg


※作業紹介および記録につき、記事日付が前後します。ご容赦ください。
※各種 仕上・組み付け・OH・溶接・加工・ブラスト等「予約」にて承ります。 予算に応じて、ご相談承ります。お問い合わせは、メールフォームからどうぞ!
 
にほんブログ村 バイクブログへ
モーターサイクル文化が発展してほしい!

写真日記 151208 目立たない小物たち:作業 Z その2 シビエとか

ちょっとした小物の作業や様子をまとめてみました。その2ですね。ボリュームあって重いので、ご興味ない方は、すみません。。。(^_^;)



プラグケーブルですね。僕は機能的で格好いいと思うんですけど、どうでしょうね~。黄色とか青とかよりは好きです・・・

1-IMG_6434.jpg
2-IMG_6435.jpg


クラッチスプリングですね。色つきは純正。右はアドバンテージ。一見、線径細く、レートが若干弱そうですが、節度感がまったく違います。硬くはならないですよ。セッティングが出てきたときは、大抵、入れることになるパターンが今までは多かったですね。

1-IMG_6356.jpg
2-IMG_6357.jpg



リヤハブですね。ハブダンパーはお持ちとのことでしたので、そのうちに。ハブに限らず、ピボットやシャフト、金属同士の当たり面など、各種グリス使い分けます。基本、モリブデンはほとんど使わず、ちょう度違いでリチウムが2種。荷重が強いと考える部分は、たまに赤ウレアも使います。ファイナルは、今よりも2Tロングくらいまで試してみていいと思います。サスペンションで、平行に左に逃がしてチェーンラインとのクリアランスはこんな感じです。

1-IMG_6352.jpg
2-IMG_6353.jpg
3-IMG_6354.jpg
4-IMG_6355.jpg



シビエのレンズですね。画像のとおり、35年以上の汚れが蓄積していましたね。光量はもとより、ヘッドライトは、バイクの華ですからね。特にシビエは、バイクを眺めていると、目が合う?カットですよね。分解して洗浄してあります。きっちりシンナーで洗浄後、信越の対応コーキングにて処理です。最後の写真が洗浄後です。

1-IMG_6277.jpg
3-IMG_6279.jpg
4-IMG_6280.jpg
5-IMG_6281.jpg
1-IMG_6501.jpg



コンチですね。フロントタイヤの外径の違いはこんな感じです。7-8mmでしょうか。物理的には、気持ち前下がりになるわけですが、エア圧やタイヤのつぶれ方・プリロードなどの違いのほうが大きいですから、あまり厳密に考えることはないレベルですね。

8-IMG_6292.jpg
6-IMG_6290.jpg



しっかりロックワッシャかかります。オフセットはこんな感じです。SUSで作っています。このスペーサーが入って、先ほどのチェーンラインになっています。

1-IMG_6314.jpg



リフレクター取り付け部位のへこみ?変形ですね。今は治っていますね。そう、以前のサイドスタンドの角度ですね。また、以前話にも出ましたが、ちょっと合点がいかない、かつてのフロントホイルセンターとディスク位置関係ですね。

01-IMG_5805.jpg
03-IMG_5807.jpg
04-IMG_5808.jpg
05-IMG_5809.jpg
06-IMG_5810.jpg
08-IMG_5812.jpg
07-IMG_5811.jpg
12-IMG_5521.jpg




オーナーさんや同車種乗りの方以外、興味ないでしょうけど、まだ続きます。興味ない方は、、、、、すみません。








下記は、いろいろ工夫した、バッテリーケースや補器マウントですね。詳細は割愛(^_^;)リレーのステーなんかも作りました。
いろいろな電装・補器類たち・・・

17-IMG_5513-001.jpg
18-IMG_5514-001.jpg
19-IMG_5515-001.jpg
07-IMG_5516.jpg
09-IMG_5518.jpg
08-IMG_5517.jpg
10-IMG_5519.jpg
11-IMG_5520.jpg
13-IMG_5522.jpg




オーナーさん以外は興味ないかもしれませんが、こんな感じでやってるんだなあ、と感じてもらえれば幸いです。
 



1-P1080528.jpg

本当は旅にでも出たい(^_^;)トライブファクトリーでした!
 
 
☆丁寧な作業を心がけています。ご用命おまちしております。

※作業紹介および記録につき、記事日付が前後します。ご容赦ください。
※各種 仕上・組み付け・OH・溶接・加工・ブラスト等「予約」にて承ります。 予算に応じて、ご相談承ります。お問い合わせは、メールフォームからどうぞ!
 
にほんブログ村 バイクブログへ
モーターサイクル文化が発展してほしい!

写真日記 151207 目立たない小物たち:作業 Z その1

ちょっとした小物の作業や様子をまとめてみました。オーナーさん以外は興味ないかもしれませんが、こんな感じでやってるんだなあ、と感じてもらえれば幸いです。
 
1-IMG_6244.jpg

 フレームのネックに貼り付けしてあるラベルですね。重要です。丁寧にマスキングして、ブラスト・塗装、膜厚の保護シートを貼り付けています。いつまでもかすれず、きれいに残ってほしいですね。
 
1-IMG_6282.jpg
3-IMG_6284.jpg
4-IMG_6285.jpg
5-IMG_6286.jpg
6-IMG_6287.jpg
7-IMG_6288.jpg
8-IMG_6289.jpg

 オリジナルのメーターブラケットですね。アルミの鋳物です。スピードメーター側が割れていましたね。大きく割れていないのが幸いでした。ゆがみを取りながら溶接。また、純正のラバーや追加のウレタンスポンジなどを工夫して、メーターの振動を更に抑えました。メーター自体もかなり内部の疲れが予想されますが、マウントが功をそうしたのか、針が暴れることは、今のところないですね。メーターも可能な限り、丁寧に掃除してあります。照明類のサブハーネスは、ゴムグロメットの劣化が激しいですから、メーターを本格的にOHするときに、手をつけましょう。
 
1-IMG_6190.jpg
2-IMG_6191.jpg
3-IMG_6192.jpg
4-IMG_6193.jpg


 オリジナルのNIKKOのホーンですね。性能はバッチリ。丁寧にレストアしてあります。マウントも若干工夫。

5-IMG_6214.jpg

 貴重なリアフェンダーも割れが進行しないよう、留めてあります。

6-IMG_6215.jpg

 オリジナルのテールレンズですね。パッキンがない?作っておきました!
 
1-IMG_6320.jpg

 猫の手も借りたいトライブファクトリーでした!
 
 
☆丁寧な作業を心がけています。ご用命おまちしております。

※作業紹介および記録につき、記事日付が前後します。ご容赦ください。
※各種 仕上・組み付け・OH・溶接・加工・ブラスト等「予約」にて承ります。 予算に応じて、ご相談承ります。お問い合わせは、メールフォームからどうぞ!
 
にほんブログ村 バイクブログへ
モーターサイクル文化が発展してほしい!

写真日記 151206 仙台は初物づくし Z試走 SP50バネとか

 本日は、仙台の「地下鉄東西線」の開業日で、「SENDAIせんだい光のページェント」の点灯開始日であります。いろいろ初めてづくしですね。ローカルな話ですが、光のページェントは、遠方の方もかなりいらっしゃるみたいですね。興味ある方は、検索してみてください(^^♪。年末までやってるはずです。
 
 本日は、おそらく、ご来店がボチボチある!(普段は、皆さん、気を使ってあまりこないので・・・(^^ゞ
 と思い、朝から、ほんのちょこっとだけ試走。地下鉄東西線の車両基地あたりまで、浜沿いをぼーっと走行です。ファイナル的には、トップ2400rpmで60kmです!そこからあければ、ちょうど良い気持ちよさ。実用回転域・速度とエンジン音がちょうどいいですかね。しかしながら、ニードルのストレート径若干太いのか、ちょっと薄すすぎましたね。予想はして発注していたので、明日には、もろもろスロー・中間の不足キャブ部品来るでしょう。じっくり、朝から煮詰めていきますね。
05-IMG_6444.jpg
 
 ロガーをつんで、ゆっくり定地走行ですので、トラックの運転手さんの視線が熱かったです。「なにそれ?」って感じですかね。そりゃそうです。
 
 ※ちなみに、実走行でセッティングするときに、必ず、AFRをとるわけではありません。数値を優先しすぎてもあまり意味はありません。ただし、中間での煮詰めや、メイン系の選定でつめるようなときは、データをとらないとちょっと難しいです。別にAFのボスがついていなくても、メガホンやショート管以外の組み立て式のフルエキであれば、ログ用の短い中間パイプを用意しますのでご心配なく、お問い合わせください。
 
03-IMG_6437.jpg
11-IMG_6465.jpg
01-IMG_6433.jpg
02-IMG_6436.jpg

 
 新しいピストンを眺めるお客さんと、新しいR1どうしようかね~というライダーさんと、初物尽くしの話をしているところへ、SP50レーサーさん登場で、バネの話になりました。

10-IMG_6464.jpg
 
 私、まだまだ何もわかってないので!、みなさん、端的に質問なんですけど、こんなこと↓って普通にあるんですか?
 
 あるショックスプリングがあります。5インチ(127ミリ)の自由長、レートは9kgf/mmくらい。これに10%~12%イニシャルかけてショックにセットします。セット長は、114ミリ~112ミリ近辺。これでコースを走ってると、知らず知らずの間に、自由長が、5ミリ以上10ミリ弱ヘタって、縮んじゃう? こんなことあります? ショックには、リバウンドスプリング(トップアウト)は入っていませんよ。なので、内部スペーサーつぶれるわけでもなかろうし、え、なんで?ハイパコなんですけどね。すくなくとも2人以上は経験者がいるみたいです。。。私も聞いた話なので、現象がすんなり飲み込めず、よくわからないんですが、、、、、自分が新品時の自由長を計っていればわかりますけど。勉強不足ですみません。
 
 ちなみに、普通は、スプリングの長さの公差は、経験的に多くても、±2ミリくらいだと思っています。モーターサイクル用のちゃんとしたスプリングですよ。かなりイニシャルかけて、走りまくっても、そんな極端にバネがへたったことないもので、、、、オフロードの方とかどうなんでしょう。そんなに自由長かわりますか?ガタガタいうほど明らかにみじかくなりますか?わたしが触ることの多いショックユニットが、そんなにスプリングに負荷をガンガンかけない?レンジのものばかりだったのでしょうか・・・?
 
 話し変わって、個人的に気になるのは、ハイパコやアイバッハなどの、優れたスプリング鋼を選択しても、スプリングシート部分をきっちりしないと初期と最後の動きがちょっと微妙になるんじゃない?と思って眺めています。確かに、ぱっと見、IDが多少大きくても支障はないんですが、ずれて、無駄にねじれたりしていると思うんですよね。私なら、IDにあうリテーナーをきっちりつくりますね。微妙なサイズなんですけどね。
 
 と、ちょっと想像しながら、現状まとめて、なんとなく!いつものように考えて、なんとなく、次にトライするスプリングの選定。ちなみに、なんとなく考えるのがミソだとおもいます。難しく考えてもだめだと思っています。計算上より硬くも柔らかくもでるのがバネです。イニシャルをかけても動くものは動くし、抜いても硬い!なんて普通ですから。ユニットとして、パッケージングして、なんぼですからね。最終的にはライダーの感覚が最終判断ですからね。明日在庫確認します。

 あ、新しいリプレイスのスプリングは、私は、必ず自由長は確認します。レートも必要と考えれば、簡易でも複数回にわたって確認します。工業製品ですから、おかしなものもあるのが普通ですからね。とくにフォークスプリング含めて、刻印も意味がわからない!というパターンで、レートが不明になることってよくありますからね。

08-IMG_6462.jpg
06-IMG_6460.jpg
07-IMG_6461.jpg
09-IMG_6463.jpg

☆丁寧な作業を心がけています。ご用命おまちしております。

※作業紹介および記録につき、記事日付が前後します。ご容赦ください。
※各種 仕上・組み付け・OH・溶接・加工・ブラスト等「予約」にて承ります。 予算に応じて、ご相談承ります。お問い合わせは、メールフォームからどうぞ!
 
にほんブログ村 バイクブログへ
モーターサイクル文化が発展してほしい!

写真日記 151205 冬だって、コース走行準備

 文字が多くて、大変だ~!?というクレーム?がつきましたので(^^ゞ、今日は軽く?書きます。
 
 東北は、山間ではきっちり積雪があるようですね。冬は、こもっていることも多いですし、どこかに走りにいくぞ!というのもじっくり考えてしまいがちであります。とくに、排気量のある車両では、なおさらですね。私のストリートバイクは、グリップヒーター完備であるのにもったいない。店主が冬篭りしてどうするのか!と。。。(^^ゞ
 
1-IMG_6429.jpg
 
 というわけで、たいへん心強いライダーさん、走行準備のため、サーキットユースの車両のメンテナンス。冬篭りの準備じゃないですよ。タイヤ交換して、オイル交換して、水交換して、各所宿題メモ書きして終わりです。
 
 東北(特に平野部!バイク出せなくなる地域のライダーさんはごめんなさい)の皆様!普通に走れるサーキットはたくさんあります。12月でも1月でも、タイヤにオイルに交換している人は、いますよ~。体動かして、出かけましょうね~。
 
 本日のお客様が、マレーシアとバレンシア2戦分のmotoGP決勝を、じっくりながめているのに合わせて、じっくりと作業です。ちょうど3時間あります。必要な作業を省略せず同時並行で、ものすごく作業進捗を急げば、20-30分ですかね、そりゃーすごいスピードです。ただ、一つ一つシャフトを点検して洗い、シールリップの古いグリスを除去し、決めてあるグリスを封入し、アクスルナットとねじ山を点検し、廃油量をはかり、水を2回以上まわして、ライダーの操作箇所を重点的に点検し、タイヤを脱いだホイルの汚れやガムを取り、、、、、って くどいですね。こんなことやってるとちょうど3時間。ロレンソがポディウムで手を振って喜んでいるとこでした。
 
 早くやっても、じっくりやっても金額は同じです。どちらがいいかはお客様しだいですので。明細には、両お客様とも、「入替」とかしか記載されません(^^♪。ご要望に沿って作業いたします。
 
 ところで、以前、タイヤ交換前に、チェーンを洗浄して、潤滑していたら、お客さんに不思議な顔をされました。そうなの?私は、チェーンルブで潤滑するなら、古タイヤがついている状態でしますよ。潤滑した後、ホイル外して、ハブ・シール・カラー・ホイルを洗浄給脂、入替、組み込み。ですけどね~。
 
 と、結局長くなりましたが、今日もつまらない話ですみません(^^ゞ
 
 タイヤ交換で思い出しました。白ガス買ってこないと・
 
2-IMG_6430.jpg
3-IMG_6431.jpg



☆丁寧な作業を心がけています。ご用命おまちしております。

※作業紹介および記録につき、記事日付が前後します。ご容赦ください。
※各種 仕上・組み付け・OH・溶接・加工・ブラスト等「予約」にて承ります。 予算に応じて、ご相談承ります。お問い合わせは、メールフォームからどうぞ!
 
にほんブログ村 バイクブログへ
モーターサイクル文化が発展してほしい!

ヤマハ 2016’レースベース車両 予約に関しまして

 すっかり、空冷ショップと思われている節のあるトライブファクトリーです。
 
 ヤマハのニュースセンターによりますと、「ヤマハ発動機株式会社は、ロードレース競技及びサーキット走行専用モデル「YZF-R1 および R6 レースベース車」を2016年シーズンに向けて設定、2016年3月22日より受注生産(予約期間限定)にて発売します。」
 
 とのことです。

 受注期間は、「11月30日から12月21日(月)」までになります。 
 
2-yzf-r1_main.jpg
1-yzf-r6_main.jpg
 
 ヤマハ発動機 YZF-R1レースベース車 http://global.yamaha-motor.com/jp/news/2015/1130/yzf-r1.html

 ヤマハ発動機 YZF-R6レースベース車 http://global.yamaha-motor.com/jp/news/2015/1130/yzf-r6.html

 台数限定という記載はないですね。 予約期間に受注した分は、生産するという理解でいいと思います。R6に関しては、これが最後になるのでしょうか・・・・ヤマハ発動機の表題にある「継続販売について」という文言が気になるところですね。ヤマハは、今3気筒に力入れてますしね。最後の4気筒か?!?!(^^ゞ
 
 R6に関しては、何台か手配したことがございますが、間違いなく、受注順にデリバリしていたはずです。早めの予約をお勧めします。
 
 実用消耗品(タイヤやオイルなど)のご提供など、各種特典ご用意しております。当店でも、ライダーさんにご検討いただいておりますが、特に「R1」ぜひご検討ください。導入後もセットアップ等、じっくりながーくお付き合いいたします。車両の仕上げ(**仕様)に関しても、ご相談承ります。
 
 遠地のお客様もぜひご検討ください。陸送手配いたします。
 

 右のメールフォームもしくは、トライブファクトリー tribe@kw.main.jpまでお問い合わせください。
 よろしくお願い申し上げます。お支払い方法など諸手続きご案内申し上げます。
 

 ※画像は、ヤマハ発動機㈱サイトより


☆丁寧な作業を心がけています。ご用命おまちしております。

※作業紹介および記録につき、記事日付が前後します。ご容赦ください。
※各種 仕上・組み付け・OH・溶接・加工・ブラスト等「予約」にて承ります。 予算に応じて、ご相談承ります。お問い合わせは、メールフォームからどうぞ!
 
にほんブログ村 バイクブログへ
モーターサイクル文化が発展してほしい!

写真日記 151204 ホイルセンター・ディスクセンターのお話 Z MK2

 表題のとおり、「センター」っていうと至極簡単な話なんですが、うんと手間隙をかける箇所でもあります。旧車でも、今時のレーサーでも、それは変わりありません。計測もしますし、細かに調整をこころみますが、最終的には、目視で確認します。特に前後の整列などは、目視できっちり調整したバイクに、乗ってほしいと思います。簡単なことなんですけど、結構なおざりにされていますので(^_^;)。※問題を抱えている車両は論外ですよ!
 
11-IMG_6303.jpg

 
 点検・計測済みの部品を組み立てて、フロント周りを完成させます。
 スペックどおり、149(148.5)mm。
 
 この車両は、クロモリのスペーサー一体型のアクスルシャフトを使用します。以前から使用していたものです。同時に、問題のない純正アクスルシャフトも用意します。両方とも素組みで、ストレスなく組み付け、若干の荷重を掛け、ホイルセンターにホイルを導きます。そうすると、お互いに若干ながら、ホイルの位置が違う位置で収まります。組み付け主要部品に問題はありませんから、アクスルやカラー類の設計の違いにより、若干の差が生じることになりますね。
 
 そこで、フォークスパンのセンターとホイル単体でのセンターが、きっちり合う状態で、左右にどれくらいの距離が必要なのか、確認の意味で再計測します。若干あちこち、「面をさらう」と、言葉通り「きっちりセンター」が出せそうです。計算上も目視上も、きっちりセンターにあることを確認したら、今度は、ディスクの位置を確認します。仮ボルトをねじ込んでみて、距離を計測。当たり前のようにばっちり。
 
 と今度は、ディスクに対して、キャリパーがどの程度センターにあるかの計測に移りますね。タイヤを組み込んで、ブレーキを掛けます。サスペンションに荷重も掛けます。物理的にキャリパーがどこにも接触しないこと、残されている各所クリアランスを確認して、キャリパーをはずし、キャリパーピストンの出代を確認します。OKですね。後は引きずりなどでないことを確認して、必要であればシムにて位置を微調整します。
 
 と言葉にすると簡単ですが、結構じっくりやってます(^_^;)
 
 それから、フェンダーをとりつけるブレースですが、やっぱりテンションが掛かり気味になっちゃっていたので(しょうがないと思います)、取り付け穴をボアアウト、工夫してフォークに取り付けています。いわずもがな!ですが、ブレースは最後の最後に締めますよ(こういう類のバイクですけどね)。
 
 ホイル脱着って簡単な話ですけど、こういう感じでやってる車両は、オーナーさんとわかっている触り手以外は、触らないで!と言いたいのが本音です。。。
 
 付け足すようですが、タイヤの入れ替えも簡単なようですが、気遣いのあるショップさんやオーナーさんは、ホイルリムの内側は清掃して、組み込み、ビートあげますよ。ひどい車両は、あまりの面荒れや汚れで、エアが微妙に漏れるほどですから(特に塗装ホイル)。
 
 写真にはないですが、メーターギアは理想位置でかかるよう工夫しています。

01-IMG_6293.jpg
03-IMG_6295.jpg
04-IMG_6296.jpg
05-IMG_6297.jpg
06-IMG_6298.jpg
09-IMG_6301.jpg
10-IMG_6302.jpg
12-IMG_6304.jpg
13-IMG_6305.jpg
1-IMG_6308.jpg
2-IMG_6309.jpg
2-IMG_6326.jpg
15-IMG_6307.jpg



☆丁寧な作業を心がけています。ご用命おまちしております。

※作業紹介および記録につき、記事日付が前後します。ご容赦ください。
※各種 仕上・組み付け・OH・溶接・加工・ブラスト等「予約」にて承ります。 予算に応じて、ご相談承ります。お問い合わせは、メールフォームからどうぞ!
 
にほんブログ村 バイクブログへ
モーターサイクル文化が発展してほしい!

写真日記 151203 シンタードパッドのお話

 もともと、スポーツ走行向けであった車両なんですが、事情により、通勤に使う機会が多くなってしまったCBRさん。オイル交換のつもりが、ディスクや、パッドが!?!?な感じ。再入庫ですね。。。。ディスク来週辺り入荷しますよ。パッドはセミメタルですね。写真ではわかりにくいですが、距離に比して、パッド・ディスクがものすごく減っちゃっています。
 
1-IMG_6327.jpg
2-IMG_6328.jpg
3-IMG_6330.jpg

 シンタードパッド。

 スペルは、sintered です。sinter は「焼結する」という動詞ですね。名詞の意味では、「燃え殻」ですね。sintered metal で焼結金属、sintered alloy で焼結合金。摩擦材料として、金属系の原料を主として焼き固めたものですね。

 制動用に使用する摩擦材として、
 ・シンタード系 銅を主体とした様々な金属物質を主材として、焼結して製造したもの
 ・セミメタル系 繊維を主材として、樹脂に金属フレークを多く混ぜたもの
 ・レジン系 繊維を主剤として、樹脂・充填材を使い加熱整形したもの
 などがあります。

 シンタードパッドは、レーサーさんや、スポーツ走行メインのお客様のほとんどが選択する種類のブレーキパッドですね。非常に制動力に優れているからです。そして、高温・高負荷で制動力を発揮し、安定しやすいことが最大の特徴です。ハードなブレーキワークに向いているんですね。

 言い方を変えると、一定以上のブレーキングをしていないと、性能の真価を発揮できない特徴を有するパッドだとも言えます。なぜなら、シンタードパッドの最大の特徴は、高温下・高負荷で皮膜を形成することだからです。その皮膜を形成してからが、本来の性能を発揮しているといっても過言ではないと思います。皮膜を形成すると、パッド・ディスク共に理想的に磨耗が進みます。

 でも!低負荷時でも非常に制動力があるんです。この時は、まだ皮膜は形成されていません(^_^;)でも、ゴリゴリと効いてしまいます。要はパッドはどんどん減って行き、なおかつ、ブレーキディスクもどんどん減っていく。金ヤスリ状態になってしまうんですね。

 このシンタードパッド(メタルともいいますね)、各社メーカーにより特徴が様々です。安直に制動感!を出したいメーカーさんのメタルパッドは、ディスクも減ります。低負荷でも、ディスクの攻撃性を下げたいメーカーさんは、ブレーキダストの出方や色が特徴的。いづれにしても、通勤などで、ストップ&ゴーの多い使用用途ですと、あっという間にディスクを磨耗させます。気をつけてくださいね。
 
 ブレーキ選びに迷ったら、主たる使用用途など教えていただければ、選択すべきパッド、一緒に頭悩めますよ(^_^;)
 
 店長!記事にさせてもらってありがとう~!





☆丁寧な作業を心がけています。ご用命おまちしております。

※作業紹介および記録につき、記事日付が前後します。ご容赦ください。
※各種 仕上・組み付け・OH・溶接・加工・ブラスト等「予約」にて承ります。 予算に応じて、ご相談承ります。お問い合わせは、メールフォームからどうぞ!
 
にほんブログ村 バイクブログへ
モーターサイクル文化が発展してほしい!
【"写真日記 151203 シンタードパッドのお話"の続きを読む】

写真日記 151202 モリワキカヤバ

 言わずもがなのモリワキカヤバですね。

 該当車両は、モリワキの既存のダブルレートから、シングルレートに変更して組み込みです(バネはいつも電気でマーキングしちゃいます)。

11-IMG_6269.jpg

 まずは、現状との比較。該当車両はステムオフセット変えてますので、当然トレールは大きく変わります。それは固定的・静的な変化ですね。それよりも、スプリングをシングルレートで若干レートアップしていることで、動的な(傾けていくプロセスとかですね)変化のほうが、以前より顕著だと思います。個人的には、延長キットをつけて突き押ししていた旧状態より、フロント車高は比較的下げられるかなと思います。フレームのダウンチューブが、気持ち前下がりになるとでもいいましょうか。

 ダンピングも確認。WAKOSの20番相当が入っていますね。状況良好でしたので、再度エア抜き後、油面を確認。エア加圧しない前提で使用しますが、イニシャルと前後の姿勢調整で、おそらくそれほど油面に頼って、空気バネにたよる可能性も減るだろうと思っておりますので、推奨油面から始めたいと思います。計算上、上下させる油面は、フォーク内径から算出できますが、現物で確認。こうしておくと、10mmあげるとか5mmさげるとなど、楽にできますからね。

 今回の車両は、イニシャルアジャスターにエア抜きのプッシュバルブがついた優れものです。一般的には、車両を0G状態にして、フォーク内圧を大気圧とあわせるのに重宝します。察しのとおり、それ以外にもいろいろ使えますが、あくまで傾向を見るにとどまりますかね。このフォークキャップのいいところは、調整部分が面幅12mmであることですね。わかってる人の設計ですね。

 ストローク量確認。また、ロックピースの効き始めも確認。目視で視認できるようマーキングしておきます。

 動かした感じでは、必要十分。非常によい動きですね。減衰特性も癖がないです。特に良いと思うのは、純正採用されているそこかしこにあるシートパイプ式のフォークよりも、スプリングやインナー・アウターの物理的な摺れの感じががほとんどないことですね。もちろん、組み方や個体差も大いにあるでしょうけどね。


01-IMG_6259.jpg
02-IMG_6260.jpg
05-IMG_6263.jpg
06-IMG_6264.jpg
10-IMG_6268.jpg
03-IMG_6261.jpg
04-IMG_6262.jpg
07-IMG_6265.jpg
08-IMG_6266.jpg
09-IMG_6267.jpg
12-IMG_6270.jpg
13-IMG_6315.jpg

☆丁寧な作業を心がけています。ご用命おまちしております。

※作業紹介および記録につき、記事日付が前後します。ご容赦ください。
※各種 仕上・組み付け・OH・溶接・加工・ブラスト等「予約」にて承ります。 予算に応じて、ご相談承ります。お問い合わせは、メールフォームからどうぞ!
 
にほんブログ村 バイクブログへ
モーターサイクル文化が発展してほしい!

写真日記 151201 ヘッドガスケット 抜け CB

 ガンガン走って、にじんできたヘッドでしたが、お久しぶりの始動と暖気・レーシングで、やっと勢いよく抜けてくれました。位置特定。前側のテンショナーが通る熱的に苦しいヘッドあわせ面ですね。CBはオイルはここを下ってケース下に落ちますね。ヘッドをあけるのに、エンジンを下ろすのがホンダの流儀(^_^;)おろし終わって、各種計測です。

01-IMG_6333.jpg
02-IMG_6335.jpg
03-IMG_6336.jpg
06-IMG_6339.jpg
07-IMG_6340.jpg
05-IMG_6338.jpg
04-IMG_6337.jpg


☆ご用命おまちしております。

※作業紹介および記録につき、記事日付が前後します。ご容赦ください。
※各種 仕上・組み付け・OH・溶接・加工・ブラスト等「予約」にて承ります。 予算に応じて、ご相談承ります。お問い合わせは、メールフォームからどうぞ!
 
にほんブログ村 バイクブログへ
モーターサイクル文化が発展してほしい!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。