写真日記 160131 水冷Z1000 エキゾーストバルブ 


 懸案のEX VALVE。やっぱり、距離走ったオートバイの鬼門はエキゾーストバルブです。一番、熱を過酷に受けていますからね。久しぶりのきついカーボンと格闘です。いつもより溶剤にかなり頼りましたけど、それでも硬くてなかなか取れません。この、硬いカーボンをなんとかとって、タコ棒・ラッパーで持ち上げれるようにしないと話になりませんので。


1-IMG_7222.jpg

2-IMG_7223.jpg

3-IMG_7224.jpg

4-IMG_7225.jpg


 ひととおり、カーボンをとりましてやっとバルブフェイスの現状とご対面。昔のバルブと違って、それほど目視で凹凸が出るほどではありませんが、気筒によって、きっちりカーボンの食い込みが激しくみられますね。あたり幅も2ミリちょっとのバルブもあります。それでも距離からするときっちりあたっているほうで、大きな噛みこみなどないですし、問題が出ているようなことはなかったと思いますね。一応、あたり幅を点検したあとで、軽く摺り合わせ。食い込みがさらっと取れそうなバルブもありますが、相当食っているバルブもありますね。今までの走行距離と、これからの走行距離を想定すると、バルブは新品にすべきですね。バルブフェイスを慣らすことはできますが、現状ですと、バルブが上がっていくことは必至ですし、なにより距離からすれば交換してもよい部品ですので。鉄バルブですから、それほど過酷な走行をしなければ、バルブ単独のトラブルはあまり考えませんが、エキゾーストバルブは交換したほうが無難ですね。シートリングのほうも若干傷が見えますので、旧バルブは、バルブシートの慣らしにもっぱら使ってお役目ごめんにします。新しいバルブが着荷したら、かるくシートカットしてあたり幅調整・すり合わせすることにいたします。
 そうそう、ガイドは問題ないですよ。
 
5-IMG_7226.jpg

6-IMG_7227.jpg

7-IMG_7228.jpg

8-IMG_7229.jpg

9-IMG_7230.jpg



☆丁寧な作業を心がけています。ご用命おまちしております。

※作業紹介および記録につき、記事日付が前後します。ご容赦ください。
※各種 仕上・組み付け・OH・溶接・加工・ブラスト等「予約」にて承ります。 予算に応じて、ご相談承ります。お問い合わせは、メールフォームからどうぞ!
 
にほんブログ村 バイクブログへ
モーターサイクル文化が発展してほしい!

トップページへ

 
 
スポンサーサイト

写真日記 160130 2者面談?ヘッド!


 いやー、本日は、雪かき!から始まって、新しいリューターがマックさんから届いて、いろいろシリンダヘッド触ろうか~とおもっておりましたが、急遽、ライダー親御さんとの2者面談?いやいや、非常に有意義な話になりまして、あっという間にこの時間でした! ひざはつき合わせるものですね。オートバイというのは、一人で乗っているように見えて、親御さんや身内の理解があってはじめて、有意義に乗れる?乗るべきものだと改めて感じましたよ。いろいろな人に理解されるように、取り組んでほしいものです!というわけで、写真など取れるはずもなく、こんな月末もあるのも常、バイクの話があまりなくてごめんなさい。がんばってヘッドやらないと!
 
2-IMG_7221.jpg

1-IMG_7220.jpg

 

☆丁寧な作業を心がけています。ご用命おまちしております。

※作業紹介および記録につき、記事日付が前後します。ご容赦ください。
※各種 仕上・組み付け・OH・溶接・加工・ブラスト等「予約」にて承ります。 予算に応じて、ご相談承ります。お問い合わせは、メールフォームからどうぞ!
 
にほんブログ村 バイクブログへ
モーターサイクル文化が発展してほしい!

トップページへ

 
 

写真日記 160129 水冷Z1000 シリンダヘッド側面修正過程


 手を動かしながらも、いろいろな打ち合わせや、会計・起票に目白押しでなかなかうまくはかどりませんで、ブログもちょっと遅れ気味です。いろいろ記載すべき内容はあるのですが、ちょっと体が空き始めたら、もっと書こうと思います(^^ゞ。本日もマニアックですみません。
 
 ヘッドの側面が転倒によって内側にゆがんで入ってしまったので修正です。ヘッド全体に歪みはないです。このヘッドは、まだまだ走らせますので、ちゃんと直しながら距離を伸ばしたいものですから、修正!。さて、カムチェーン横のエキゾースト側の方が、1ミリくらい内側に入ってしまってますね。それに、ヘッドカバーガスケットの耳の部分がエグレテ、欠損ができていますので、少しづつアルゴンで持って削って修正。写真を撮り損ねたのですが、特殊なクランプを用意して、修正部位を必要最低限、加温して、ヘッドを傷つけないよう固定台にすえつけて、スライドハンマーですこしづつ引っ張り出します。一生懸命やって、0.3ミリくらい残して、なんとか引っ張り出しました。きっちりカバーに対してガスケットが噛みますので、良しとします。あとは欠損部位を確認しながら、既存の切削面をなるべく溶かし過ぎないように、慎重に肉持って、削って、巣穴を対処しながら切削です。現状、粗く出して削り終わっています。もう少し追求したら完了でいいかなと思っています。オイル漏れの心配のない傷は、勲章?ということであえて残したいかな?と思っています。復元することはできますけど、オーナーさん、機能に影響ない傷は復元しなくていいですよね?とまあ、こんな感じでした!
 
 
04-IMG_7204.jpg

03-IMG_7203.jpg

01-IMG_7201.jpg

02-IMG_7202.jpg

05-IMG_7205.jpg

11-IMG_7211.jpg

10-IMG_7210.jpg

15-IMG_7215.jpg

12-IMG_7212.jpg

16-IMG_7216.jpg

17-IMG_7217.jpg

18-IMG_7218.jpg

19-IMG_7219.jpg

 

☆丁寧な作業を心がけています。ご用命おまちしております。

※作業紹介および記録につき、記事日付が前後します。ご容赦ください。
※各種 仕上・組み付け・OH・溶接・加工・ブラスト等「予約」にて承ります。 予算に応じて、ご相談承ります。お問い合わせは、メールフォームからどうぞ!
 
にほんブログ村 バイクブログへ
モーターサイクル文化が発展してほしい!

トップページへ

 
 

写真日記 160128 水冷Z1000 ミッション 


 またまた、オーナーさん向けであります。こちらも距離に比して、ドッグ角の磨耗はおとなしいものだと思います。しいて言えば、センターのシフトフォークが若干焼け気味です。シフトフォークはまた、後日。ニュートラルポジションファインダーが気持ちよく機能していないようなので、アウトプット5速、シフトシャフト溝など若干手を入れたいと思います。ミッションに関してはエンジンオイルの選定や油温などでフィーリングが大きく変わりますのでその点も考慮に入れて手入れしなおします。クラッチカバーはクラック入っているので、交換しますね。地味な話題が続きます。。。
 
01-IMG_7185.jpg

07-IMG_7194.jpg

04-IMG_7190.jpg

05-IMG_7191.jpg

03-IMG_7189.jpg

06-IMG_7193.jpg

08-IMG_7195.jpg

10-IMG_7197_20160129113612afa.jpg

11-IMG_7198.jpg

12-IMG_7199.jpg

09-IMG_7196.jpg

13-IMG_7200.jpg



☆丁寧な作業を心がけています。ご用命おまちしております。

※作業紹介および記録につき、記事日付が前後します。ご容赦ください。
※各種 仕上・組み付け・OH・溶接・加工・ブラスト等「予約」にて承ります。 予算に応じて、ご相談承ります。お問い合わせは、メールフォームからどうぞ!
 
にほんブログ村 バイクブログへ
モーターサイクル文化が発展してほしい!

トップページへ

写真日記 160127 水冷Z1000 クラッチ


 しばらくオーナーさん向けであります。クラッチです。距離をまったく感じさせず、ハブ・クラッチプレート・フリクションプレートともに良好。ハウジングのダンパースプリングが若干?かなと思っておりましたが、よーくみると、2種類のスプリングレートじゃなくて、3種類のような気がします。新品をつぶさにみて比較したことがないので、なんともいいかねますが、写真の青の○がついているのが、レートが中くらいのスプリング。緑○が一番大きなレートのスプリングなのではないかな?と。緑○のスプリングは座面に若干の荒れが見えますが、おそらくはじめから遊んでいる設定じゃないかな?と思ってます。一番SOFTなスプリングが3本。これが縮み始めて、次に、青○が縮み始めて、最後に緑○スプリングですね。知ってる人いたら、ぜひ教えてください。コンロッド、ミッションの写真は後ほどです。


1-IMG_7181.jpg

2-IMG_7182.jpg

3-IMG_7183.jpg




☆丁寧な作業を心がけています。ご用命おまちしております。

※作業紹介および記録につき、記事日付が前後します。ご容赦ください。
※各種 仕上・組み付け・OH・溶接・加工・ブラスト等「予約」にて承ります。 予算に応じて、ご相談承ります。お問い合わせは、メールフォームからどうぞ!
 
にほんブログ村 バイクブログへ
モーターサイクル文化が発展してほしい!

トップページへ

 
 

写真日記 160126 水冷Z1000 親メタル 


 オーナーさん向けですね。洗浄洗浄で、久しぶりに80℃アルカリ洗浄液引っ張り出しました。きついスラッジを綺麗に落としたいですからね。ちょっと手が離せないので更新が遅れ気味ですが、気長に見ていてください。クランクメタル、それから写真にはないですが、クランクジャーナル、距離からすると状態は悪くないですよ。でも、子メタルは時間の問題でしたね。ツーリングじゃなくて、スポーツ走行の頻度が多ければ、子メタルはお亡くなりになっていましたね。その写真はまた今度。さて、グローブはめて、また洗浄です。
 
01-IMG_7167.jpg

03-IMG_7169.jpg

04-IMG_7170.jpg

05-IMG_7171.jpg

06-IMG_7172.jpg

07-IMG_7173.jpg

08-IMG_7174.jpg

09-IMG_7175.jpg

10-IMG_7176.jpg

11-IMG_7177.jpg

12-IMG_7178.jpg

13-IMG_7179.jpg

14-IMG_7180.jpg




☆丁寧な作業を心がけています。ご用命おまちしております。

※作業紹介および記録につき、記事日付が前後します。ご容赦ください。
※各種 仕上・組み付け・OH・溶接・加工・ブラスト等「予約」にて承ります。 予算に応じて、ご相談承ります。お問い合わせは、メールフォームからどうぞ!
 
にほんブログ村 バイクブログへ
モーターサイクル文化が発展してほしい!

トップページへ

 
 

写真日記 160125 抜けないスタッドボルト CB SUGO


 昨日もお話が尽きないと思ったのですが、1人来て、2人と電話でお話して、またまた、2人直接お話して、、、ってさすがに手を動かしようもなかったです。。。相談・打ち合わせも区切りをつけていかないと、前に進まなくなっていきますので、今すべきことをぱっぱとやっていくことにしましょう(^^ゞ。建設的に! さて、もっと手を動かしますよ。明日から。
 
 
1-IMG_7161.jpg


 と、お話しながらできる作業は、限られていて、CBの腰下をあけるべく、スタッドボルト抜き。プライマリチェーンやらないと。やっぱりエキゾースト側抜けなくて、悪戦苦闘。本当に抜けないなら、昔なら、長ボルトがねじれない程度に、短く切って、長いてこを溶接してがんばって抜いたりしますが、そういえば、最近は面白いケミカルがあったのでした。瞬間的に冷やして収縮させて、潤滑剤浸透させるケミカルですね。ウチのようなところでは、あんまり出番がないのですが、ちょっと使ってみました。


4-IMG_7164.jpg

2-IMG_7162.jpg

3-IMG_7163.jpg


 打撃を加えながら緩めていくと、2本はギーギーいいながら、抜けてきました。でも大体こういうときは、1本や2本は、ダダをこねて何をしても抜けてくれません。今回は3本のうち1本。タップの要領で、緩める方向と締める方向に交互に力を加えながら、ケミカルをチビチビしみこませて、やっと抜けました。車や重機などは、重宝するのでしょうね。




1-IMG_7166.jpg



 そう、いろいろ打ち合わせしていましたが、地元SUGOのイベント日付はこんな感じとのことです。下の5/4 8/11 10/23は、「2FUN」。日付は動かないということでした。クラス名称や、車両・参加要件に若干の変更はあると思いますけどね。スポーツ走行は、3/18あたりから?らしいです。エントリー申し込み期間、きっちりみておいてくださいね。
 大事なのは、サーキットライセンスおよびMFJライセンス講習会の日付ですが、3月は、3/18、3/25ですね。以降ロードレース前日の土曜日に開催するというのが予定とのことです。それ以外の日も要望があれば、できるかぎり柔軟に対応するとのことでしたよ。ライセンス取得を考えている人は、早め早めに動いてくださいね。



☆丁寧な作業を心がけています。ご用命おまちしております。

※作業紹介および記録につき、記事日付が前後します。ご容赦ください。
※各種 仕上・組み付け・OH・溶接・加工・ブラスト等「予約」にて承ります。 予算に応じて、ご相談承ります。お問い合わせは、メールフォームからどうぞ!
 
にほんブログ村 バイクブログへ
モーターサイクル文化が発展してほしい!

トップページへ

 
 

写真日記 160124 SUGO 雪


 本日は、ちょっと集まりがあって、SUGOへ外出。久しぶりのコースは、ちょっと工事もしているようでしたね。コース上には1台分の轍がありました。写真にはないですが、馬の背の進入からSPまでの軌跡が綺麗でした(^^♪。ちょっとうらやましいですね、自分も新雪の中、走ってみたかった。スノースクートでも持って、10%勾配を下ってみたかったりして。お店に帰ってからも、いろいろ相談したり、打ち合わせしたりしかったのですが、時間不足で終了。この季節、いろいろお話がつきないですね。来シーズンまで時間はあまりないですが、有意義なシーズンにしていきたいものです。


3-IMG_7159.jpg

2-IMG_7158.jpg

1-IMG_7157.jpg



 そう、留守中にお客さんが、「ゆりあげ思いで返却会」のチラシを持ってきて、駿と一緒に張っていたようです。うちの店では、あまり目にする機会もすくないと思いますので、多くの人の目に留まるよう、ブログに上げておきます。「思い出は幸せのかけら」とある歌手は歌いますが、まったくそのとおり。頭が下がる活動です。少しでも、誰かの目について、誰かの元に戻ってほしいものです。

4-IMG_7160.jpg

 
 本日はバイクとはあまり関係ない話題でした。






☆丁寧な作業を心がけています。ご用命おまちしております。

※作業紹介および記録につき、記事日付が前後します。ご容赦ください。
※各種 仕上・組み付け・OH・溶接・加工・ブラスト等「予約」にて承ります。 予算に応じて、ご相談承ります。お問い合わせは、メールフォームからどうぞ!
 
にほんブログ村 バイクブログへ
モーターサイクル文化が発展してほしい!

トップページへ

 
 

写真日記 160123 Z1000水冷エンジン 分解 SSTなど


 比較的天気のよい土曜日でした!明日から、また大雪という感じはこの辺ではしないのですが、西と北の空には雪雲らしきものが見えていました。土日は、打ち合わせに来るお客さんが来るパターンで、いろいろお話しながら、もろもろ部品手配。入荷予定が遅れている、もしくは時間がかかる部品などが多く、作業が大きく前後しています。大きな部品でも、小さな部品でも、なければ組み立てられないですから、、いつも苦しいのですが。。。如何ともしがたいのです。

 
 件のZ1000エンジンです。
 
 
 目視での結論から言うと、オーナーの維持がきっちり功を奏していて、とても15万キロ超とは思えません。アタリエンジンであったというのもあると思います。私も同系統の9Rエンジンを所有していたことがありますが、やはりエンジンをぶん回すと、シリンダはじめ、あちこちあっという間に磨耗が進みましたが、90年代は、鉄スリーブでしたね。00年以降のメッキシリンダーの恩恵も大きいかもしれません。オイルやけもかわいいものです。下回りより、カムシャフトなどのエンジントップにかなり疲れと偏芯した動きが見えますが、ギリギリのところでとどまっていた感じです。クリアランスを見る限りは、バルブまわりも距離に対して、状態がよいものと想像しますね。


03-IMG_7121.jpg

06-IMG_7124.jpg

11-IMG_7129.jpg

12-IMG_7130.jpg

13-IMG_7131.jpg

16-IMG_7134.jpg

14-IMG_7132.jpg

15-IMG_7133.jpg

17-IMG_7135.jpg


 エアインダクションのリードバルブですね。ま、閉じてないですね。ヘッドは、各部計測前ですが、継承すべき感じがします。バルブを見る限りガイドも良好な予感。バルブフェイスどんな感じか楽しみです。ヘッドボディのエグレはうまく治せますね。そうそう、プラグ!締めるのにコツがいりますが、きっちりガスケットつぶれてなくて、手締め状態でしたね。ネジ径とガスケットの種類によって若干異なりますが、新品であれば、手締め+180~270度弱ですよ。

02-IMG_7120.jpg

01-IMG_7119.jpg

04-IMG_7122.jpg

05-IMG_7123.jpg

07-IMG_7125.jpg


 水周り。いいコンディション。とくにスチールのパイピング内部。この辺が錆びていないというのは、よい管理の証。ちなみにこういうパイピングって結構、すこし古い車両なんかでは、早めに廃盤になりやすいパターンを経験することが多いです。メカニカルシールも、ちびちびお漏らししながらがんばってましたね。インマニは、ちょうどこれから切れるとこでしたね(^^ゞ。


10-IMG_7128.jpg

27-IMG_7145.jpg

09-IMG_7127.jpg

08-IMG_7126.jpg


 クラッチ周り。焼けとスラッジの堆積が激しいですが、打痕や磨耗は最小限の状態ですね。しいて言えば、クラッチハウジング裏のスプリング部、シート部がかなり磨耗していることですかね。


26-IMG_7144.jpg

23-IMG_7141.jpg

24-IMG_7142.jpg

25-IMG_7143.jpg


 大絶賛のシリンダとピストン。距離というより、負荷のかけ方次第なんですね、やっぱり。ピストンスカート部を見ても、進行方向に首を振っていませんね。ストレスをかけて酷使すると、スラスト方向に対して磨耗するもんですが、ロングツーリング車両、恐るべし。


29-IMG_7147.jpg

30-IMG_7148.jpg

31-IMG_7149.jpg

32-IMG_7150.jpg

33-IMG_7151.jpg

34-IMG_7152.jpg


 そう、さすがにM38のプーラーは、工具箱探し回ってもでてきませんでした。M35くらいまでならあるんですけどね。というわけで、とっとと作る。なぜだか、鉄材があんまり見当たらなくて、でてきたのがφ70のS45C(^^ゞ、無駄に削る時間が多いですが、待つより作ったほうが早いのです。さてさて、あとは、地味な計測作業のオンパレード。まだ目視の段階ですが、できるだけ、継承しようと考えています。最初のオーナーさんの意向どおりになりそうですね。


18-IMG_7136.jpg

20-IMG_7138.jpg

21-IMG_7139.jpg

22-IMG_7140.jpg


下回りは、おいおいです。あんまり状態がよさそうなので、計測すべきものがたくさんなので。


35-IMG_7153.jpg

36-IMG_7154.jpg

37-IMG_7155.jpg



 小さい葉っぱも増えてきました。そう、夕飯をたべながら見ていたんですが、NHKのドラマ、「逃げる女」、はまりそうです。NHKのドラマは、いつも地味に見えるんですけど、脚本や構成の完成度高いよなあと思ったりして。
 
 1/24はSUGOさんに行く必要がありますので、夕方までクローズになっていますので、ご容赦くださいませ。


38-IMG_7156.jpg



☆丁寧な作業を心がけています。ご用命おまちしております。

※作業紹介および記録につき、記事日付が前後します。ご容赦ください。
※各種 仕上・組み付け・OH・溶接・加工・ブラスト等「予約」にて承ります。 予算に応じて、ご相談承ります。お問い合わせは、メールフォームからどうぞ!
 
にほんブログ村 バイクブログへ
モーターサイクル文化が発展してほしい!

トップページへ

 
 

写真日記 160122 Z1000水冷エンジン キャッチタンク続き など


 キャッチタンク2人分+おそらくプラスα必至の1人分。現物あわせで急ぎでつくったのでちょっと荒削り、レーサー用途ですから、美粧は省略・スピード最優先。
 
 
2-IMG_7111.jpg
1-IMG_7110.jpg
7-IMG_7116.jpg


 件のZ1000エンジン。15万キロ?以上、実動で走ってきたエンジンです。比較的優しく扱われてきたはずですけど、どうでしょう?オーナーさんは、ある意味珍しく面白い要望をいくつかあげましたが、頭の片隅においておくということで合意(^^♪。なんだか違うフォークが入ってきたりして、シャーシメニューが若干?変更・追加・点検箇所増加になることは確定でしょうし、調子に乗ってやってると、予定金額を超えること必至・・・などと考えながら、エンジン新組するのにクランクとできれば、コンロッドは継承し、アイデンティティは保って上げたい・・・などと考えて、いや待てよ、燃料ポンプに、なにより重要なのは、スロットルボディ!、ああ、ちょっと、何から何までかえるわけにもいかない!などと頭を抱えていたら、時間終了。すいません、思いつくまま、書いているので、句読点なくて。基本、全権委任されていますので、ちょっと慎重に決断しながら、旧部品の継承を考えたいと思います。明日からあけてみます。。。


3-IMG_7112.jpg
4-IMG_7113.jpg
5-IMG_7114.jpg
6-IMG_7115.jpg
8-IMG_7117.jpg


 なぜだか、今年は、農作物を数多くいただきます。感謝!このりんごは、いつも予約で売り切れ!すごいおいしいらしい。おいしくいただきます。


9-IMG_7118.jpg


☆丁寧な作業を心がけています。ご用命おまちしております。

※作業紹介および記録につき、記事日付が前後します。ご容赦ください。
※各種 仕上・組み付け・OH・溶接・加工・ブラスト等「予約」にて承ります。 予算に応じて、ご相談承ります。お問い合わせは、メールフォームからどうぞ!
 
にほんブログ村 バイクブログへ
モーターサイクル文化が発展してほしい!

トップページへ

 
 
【"写真日記 160122 Z1000水冷エンジン キャッチタンク続き など"の続きを読む】

写真日記 160121 キャッチタンク ヤマハ R6 など


 予定外にキャッチタンクが必要になってしまったので、急ぎ作成。ごめんなさい、キットパーツ設計準拠。あまりにも無駄なく、小さな小さな隙間のスペースに設置すべく、非常にうまく設計されてるので、模倣です。オリジナリティは、違う品物で追求します。板金展開するよりも、現物で作ったほうが早いので、丸めて、押して、面とって、溶かして、あとはパイピングだけして、実装待ちにします。あれやこれや、やることたくさんです(^^ゞ。


1-IMG_7103.jpg
2-IMG_7104.jpg
4-IMG_7106.jpg
5-IMG_7107.jpg
6-IMG_7108.jpg


 なぜだか、キャッチタンクを3個つくっていたら、「カブ」が3個届きました!無農薬栽培らしい。。。おいしくいただきます。
 
3-IMG_7105.jpg



☆丁寧な作業を心がけています。ご用命おまちしております。

※作業紹介および記録につき、記事日付が前後します。ご容赦ください。
※各種 仕上・組み付け・OH・溶接・加工・ブラスト等「予約」にて承ります。 予算に応じて、ご相談承ります。お問い合わせは、メールフォームからどうぞ!
 
にほんブログ村 バイクブログへ
モーターサイクル文化が発展してほしい!

トップページへ

 
 

写真日記 160120 R6 下ごしらえ H&O分 その2 など


 お休みではありますが、ご相談系の予定がありました。ですから、いろいろとアクロバティックな作業はしないで、ひたすら、洗浄+下ごしらえをしておりました。ご相談の結果、来月からまた、向上心をもって楽しむ?ライダーさんも確定になりましたので、、、って、お休みの日の方が、皆さんいらっしゃるんですね。いやー、シャッターはあまり意味がありませんね(^^♪。某コースの某営業さんもお休みを狙って?いらして、お客さんを交えて大変有意義なお話いただき感謝感謝。そう、久々に駿も、不特定多数の皆さんとお話できてよかった。
 
 ぼちぼち無心になって手を動かさなくては、なりません。今週中に、この空き箱埋まるはずなので、気合入れていこうと思います。数えてみると、この規格コンテナの数量、目に入るだけでも、50個弱ありました。車と倉庫と2階とあわせると80個くらいありそう。さて、がんばっていくとします。

11-IMG_7102.jpg


 でも、洗浄洗浄で二トリルの手袋をずーっとしているので、写真はサボりぎみでした。唯一の写真は、ちょっと悩み気味のミッション(ちなみに、この程度、かわいいものですよ、自分なら抜けないし、入りますね)。使う予定はないんですけど。オートシフター全盛の時代でありますが、点火カットの時間設定はライダーの任意でありまして、調整を細やかにする人もいれば、あんまり気にしない人もいたりします。いまどき、1ms(ミリセカンド)単位で変えられるんですが、ライダーが要望をいわないと、あっという間に減るミッションは減ります。入らなくなったり、抜けたりしてから不調を伝えてくるんですね~。「~しやすい/しにくい」ってなかなか相手と価値観すり合わせるのが難しいんですが、メカさん・チーム・バイク屋さんとコミュニケーションをとるよう心がければ、おのずと伝わりますので、心がけてくださいね~。


03-IMG_7094.jpg
04-IMG_7095.jpg
05-IMG_7096.jpg
06-IMG_7097.jpg
07-IMG_7098.jpg
06-IMG_7097.jpg
08-IMG_7099.jpg


 組み立て済みの腰下も引っ張り出しますが、若干ゆるく組んでいたので、組みなおそうかなどと。
 
02-IMG_7093.jpg


 たまには違うアングルで。大きくなあれ!

10-IMG_7101.jpg


 さて、とっとと寝て早く起きることにします。
 
 

☆丁寧な作業を心がけています。ご用命おまちしております。

※作業紹介および記録につき、記事日付が前後します。ご容赦ください。
※各種 仕上・組み付け・OH・溶接・加工・ブラスト等「予約」にて承ります。 予算に応じて、ご相談承ります。お問い合わせは、メールフォームからどうぞ!
 
にほんブログ村 バイクブログへ
モーターサイクル文化が発展してほしい!

トップページへ

 
 

写真日記 160119 R6 下ごしらえ H&O君分 とか


 大雪だったはずですが、我が名取は、シャッター開けたら、雪の痕跡もありませんでした(^^ゞ。昨日、きっちり雪かきはしていたんですけどね。風は南風、暖かいですし、台風一過みたいな感じですかね。
 H&O君分のR6エンジン、下ごしらえ始めてました。サンデーレース向きですね。いつものルーチンワークですが、きっちり言い訳できないように組むことだけ考えております(^^ゞ。補器類でちょっと頭を悩ませますが、なるべく?似たようなスペックにすべく努力します。
 
 
1-IMG_7089.jpg


 いろいろ準備しなくてはならないので、いつもの鋼材屋さんに、でかい角鋼取りにいってきました。久しぶりです、ボリュームあるスチール削るの。それにしても、鉄・アルミともにずいぶん価格変わりましたよね~。いやー、世界の経済動向を感じちゃいます。


3-IMG_7091.jpg


 花もそのうちラッシュを迎えそうですが、葉っぱが増えてきているのが何より、うれしいのです。 />

2-IMG_7090.jpg


☆丁寧な作業を心がけています。ご用命おまちしております。

※作業紹介および記録につき、記事日付が前後します。ご容赦ください。
※各種 仕上・組み付け・OH・溶接・加工・ブラスト等「予約」にて承ります。 予算に応じて、ご相談承ります。お問い合わせは、メールフォームからどうぞ!
 
にほんブログ村 バイクブログへ
モーターサイクル文化が発展してほしい!

トップページへ

 
 

写真日記 160118 大雪ですね。こんな日は。。。


 いやー、大雪ですね。名取は、いつも大して積もらないのですが、それなりに積もってます。でも、べちゃべちゃした春先の雪のような感じですね。テンションダダ下がりで、雪かきをしていたら、なんと、雪かきスコップの柄がギャグのように折れたので、更にテンションは下がりっぱなしで(^^ゞ。こういうときは、繰り返しの反復作業でもしようと、まとめてタイヤ交換をして、ひたすら図面つくります(^^♪ 明日は、路面凍結確定だと思いますので、みなさん気をつけて、通勤・通学してくださいね。明日、私は、路上試乗できないでしょうから、ちょっとこもって仕事をしたいと思います。
 
 
4-IMG_7088.jpg



1-IMG_7085.jpg

3-IMG_7087.jpg

2-IMG_7086.jpg


☆丁寧な作業を心がけています。ご用命おまちしております。

※作業紹介および記録につき、記事日付が前後します。ご容赦ください。
※各種 仕上・組み付け・OH・溶接・加工・ブラスト等「予約」にて承ります。 予算に応じて、ご相談承ります。お問い合わせは、メールフォームからどうぞ!
 
にほんブログ村 バイクブログへ
モーターサイクル文化が発展してほしい!

トップページへ

 
 

写真日記 160117 シリンダヘッド ヘリサートなど


 おつかれのシリンダヘッドです。カムシャフトキャップのM6ボルトのねじ穴が少しづつ傷んでいき、長年のメンテナンスに耐えなくなってくるのが常ですね。構造上、カムシャフトをおさめていくときに、キャップでカムを押さえ込んでいくわけですので、少しづつボルトとヘッドの雌ねじに負担をかけてしまいますので。トルクチェックをして、きっちりトルクがかからない雌ねじは、すべてヘリサート加工。結局全部でした(20箇所)。カムシャフトクリアランスや、バルブクリアランスに直接影響する部分ですから、きっちりと安定した締め付けトルクは必須ですね。このヘッドは、ガイドもやらないと駄目なはずなので、計らないと!


2-IMG_7080.jpg
3-IMG_7081.jpg
4-IMG_7082.jpg
5-IMG_7083.jpg


 CVキャブのセッティング、なかなか難しいですが、セッティングがでてくるとずいぶんジェッティングかわりますね。吸入空気を多くすると、求めるガスは半端なく増えますよ。


1-IMG_7079.jpg


 とじては咲いてを繰り返しながら、あたらしいつぼみがたくさんできてきました。まだ咲きそう。
 
6-IMG_7084.jpg


☆丁寧な作業を心がけています。ご用命おまちしております。

※作業紹介および記録につき、記事日付が前後します。ご容赦ください。
※各種 仕上・組み付け・OH・溶接・加工・ブラスト等「予約」にて承ります。 予算に応じて、ご相談承ります。お問い合わせは、メールフォームからどうぞ!
 
にほんブログ村 バイクブログへ
モーターサイクル文化が発展してほしい!

トップページへ

 
 

写真日記 160116 シリンダヘッド メンテ台


 なにやら、若い人たちが、一生懸命つくってました。シリンダヘッドメンテ台。ちょっと高さが足りないので一回転しないですね。後5cmくらい上げないとだめですけどね。たくさんエンジン仕事ありますから、重宝しますね。いやはや、なんでもできるようになって頼もしい限りです。
 
 
3-IMG_7078.jpg
2-IMG_7077.jpg


 オリヅルランの花というのは、咲き続けないんですね。咲いた花は、あっという間に閉じて、次の花が咲くみたいです。


1-IMG_7076.jpg



☆丁寧な作業を心がけています。ご用命おまちしております。

※作業紹介および記録につき、記事日付が前後します。ご容赦ください。
※各種 仕上・組み付け・OH・溶接・加工・ブラスト等「予約」にて承ります。 予算に応じて、ご相談承ります。お問い合わせは、メールフォームからどうぞ!
 
にほんブログ村 バイクブログへ
モーターサイクル文化が発展してほしい!

トップページへ

 

写真日記 160115 Z1000 水冷 フレーム 治具上 確認計測


 計測に耐えるよう(以上?)、0.02mm/m基準で水平を出した、ウチには二つの大きな定盤があります。たまにヘッドパイプや治具固定での補強などにいろいろな道具で固定して切削・溶接したりします。今日は、例のZ1000のピボットセンターを確認後、フレーム点検。エンジンマウント部は、現状?が若干つきますが、懸案のピボットは大丈夫そうですね。L、R、どちらか若干芯ずれしていたら、ピボットセンターを中心に回りますので、ヘッドパイプが、どちらかに平行っぽくオフセットするだろうと思っていたのですが、問題は少ないようです。写真ではわかりにくいのですが(暗い中露光する時間が長くて、なかなかピントが合いません)、ヘッドパイプの方が、右からの入力でねじれ気味です。フォークアンダを思いっきり路面に叩きつけて、ステムをやっつけた入力によるものだと思います。いづれにしても、大修正にならなそうで、ちょっと安心です。細かな探傷を行いたいと思います。あとは、横方向からの確認ですが、一度エンジンを積んで、シャーシを整備してから確認したいと思います。おおかた、頭の中ですが、目処はつきました(^^♪。ところで、MACの箱が右下がりなのが気になりますね。
 

4-IMG_7070.jpg
3-IMG_7069.jpg



 オリヅルランの花が咲いて、ちょっとうれしいのでした。


1-IMG_7067.jpg



☆丁寧な作業を心がけています。ご用命おまちしております。

※作業紹介および記録につき、記事日付が前後します。ご容赦ください。
※各種 仕上・組み付け・OH・溶接・加工・ブラスト等「予約」にて承ります。 予算に応じて、ご相談承ります。お問い合わせは、メールフォームからどうぞ!
 
にほんブログ村 バイクブログへ
モーターサイクル文化が発展してほしい!

トップページへ

 
 

写真日記 160114 SV400、オイルレスメタル、Z1000経過など


 SV400ですね。ちょっとした転倒箇所修理ですが、意外とこの純正シフトペダルって値段張りますね。ロッドや、他の部分もさらっと直して完了。

06-IMG_7050.jpg


 ところで、このシフトペダルの精度や操作感にこだわる人って、かなり多いですよね。わたしもその一人ですが、シフトペダルの距離関係や、力関係は言うまでもなく、いつも思うのは、ここの軸受けって何が部品として一番いいんだろう?と思っています。純正部品で、ボールベアリングなどの「転がり軸受」を使っている車両は少ないですが、削りだしのバックステップなどに採用されるパターンは多いですよね。純正部品に圧倒的に多いのは、キャストのペダルに対して、青銅などを材料にしたブッシュを採用することが多いですよね。最近の、このオイルレスブッシュはいろいろな製品が数多く出ていて、おなじみの銅系以外にも様々な樹脂や焼結合金でできた製品がでているんです。小さなボールベアリングなどを複列に配したバックステップなどがおなじみですが、意外と、設計や、受けの形状しだいでは、オイルレスブッシュの方が、節度感やガタ、耐久性があるような気がします。もちろんメンテナンスしだいですが、シフトペダルは、実際にはかなりいろいろな方向から力が加わっていて、小さなベアリングは意外と持ちが悪く、ちょっと強い入力であっという間にだめになっていくような気がするんですよね。ベアリングの押し方と、ボルト(スリーブ)の精度をこだわると、俄然持つとは思いますが。いつも、この数多く出回っているブッシュ類をそろえて何かで試してみたいんですが、なかなか時間と機会がなくて、あたまの片隅に残っています。つまらない話なんですけどね。


01-IMG_7045.jpg
02-IMG_7046.jpg
03-IMG_7047.jpg
04-IMG_7048.jpg
05-IMG_7049.jpg
07-IMG_7051.jpg




12-IMG_7063.jpg
09-IMG_7060.jpg
08-IMG_7059.jpg


 そう、水冷Z1000ですが、意外と前周りの損傷も激しいかもしれません。ステムのねじれなどはまだ計っていませんが、歴戦練磨のストッパーも結構曲がっています。ディスクは、やっぱり何かに「ゴン」とぶつかっています。フォークボトムがそれなりに傷ついていますから、当たっている可能性はあったのですが、いちばん、いやな曲がり方ですね。ゲージがゆっくり触れるような曲がりより、心臓が脈打つようなディスクの曲がりは、曲がり量以前に、使用に耐えないんですよね。残念ですね。そういえば、AISのゴムホースがきれいに切れていました。ここで、呼吸しちゃってましたね。


14-IMG_7065.jpg

 カーボンフェンダーは、こんな感じです。マフラーのガードはまだです。ガードは、もともと樹脂厚が均一ではなかったので、ちょっと手間がかかっています。


15-IMG_7066.jpg
 
 時間切れのため、後日、計測台にフレームをあげるとして、エンジンは、いまのエンジンをいちどばらして、中身を抜き、軽くして、ダミーエンジンにすることができそうです。ぼちぼちやっていきたいと思います。





☆丁寧な作業を心がけています。ご用命おまちしております。

※作業紹介および記録につき、記事日付が前後します。ご容赦ください。
※各種 仕上・組み付け・OH・溶接・加工・ブラスト等「予約」にて承ります。 予算に応じて、ご相談承ります。お問い合わせは、メールフォームからどうぞ!
 
にほんブログ村 バイクブログへ
モーターサイクル文化が発展してほしい!

トップページへ

 
 
【"写真日記 160114 SV400、オイルレスメタル、Z1000経過など"の続きを読む】

写真日記 160113 お休みなので、南下する予定でしたが、+SUGOスケ


 本日はお休みだったのと、お客さん何人かが、桶川に行くといっていたので、いろいろな所要とあわせまして、桶川・吉川・本庄あたり用足しいこうと思ったのですが、、、未明の白石以南がちょっとあぶなかったので、残念ながら引き返してまいりました(^^ゞ 予定変更で、県内で用足し。白石以南、積雪はほとんどなかったのですが、国見峠を過ぎて、福島の盆地に入りますと、ちょっと凍りすぎでした。今期一番の寒気というのもありましたが、未明の盆地はやはり冷え込みが半端なかったです。


1-IMG_7044.jpg


 そう、出入りのガス屋さんからいただいた今年のカレンダーが、大きなマップ付でお気に入りになっていました。たまに目に入る、地図というのは、想像力を書き立てますよね。サーキットのコース図とにらめっこしているのもいいですが、地図を見るのもまた、いいもんです。子供のころは、地図帳を見ながら眠りについたものです。今年は、ツーリングにぜひとも行きたいですね。
 
 
SUGO-EVENT-カレンダー-2016【0111現在】-3
 
 SUGOさんから、1/11時点暫定のイベントカレンダーをメールでいただきました。ご参考までに。
 

 



☆丁寧な作業を心がけています。ご用命おまちしております。

※作業紹介および記録につき、記事日付が前後します。ご容赦ください。
※各種 仕上・組み付け・OH・溶接・加工・ブラスト等「予約」にて承ります。 予算に応じて、ご相談承ります。お問い合わせは、メールフォームからどうぞ!
 
にほんブログ村 バイクブログへ
モーターサイクル文化が発展してほしい!

トップページへ

 
 

写真日記 160112 Z1000 事故修復1? カーボンフェンダーとか


 一時停止中、思いっきり真っ直ぐ追突され、衝撃をきれいにクランクケースロワーマウントが吸収したと思われるZ1000です。オーナーが長年にわたって距離を重ねてきた大事なバイクです。きっちり確認しながら、事故にあう直前まで戻そうと思います。
 
 
19-IMG_7043.jpg


 本来ならあまりダメージを受けることが少なく、また、フレームの基準ともなるピボットのダメージが予想されるため、どのようなプロセスで現状復旧していくか思案していましたが、いずれにしてもダミーエンジンか、寸法の出ているエンジンを載せる前提で、探傷前提で各部確認していくことにします。ピボットシャフトがきれいに抜けないんでなはないかとか、Rアクスルやリンケージなど、後ろから順にボルトが少しづつ曲がってくれて、衝撃を吸収してくれていればいいな!などど、考えながら、ひとつづつ手ごたえを確認しながら、はずしておりました。スイングアームは、一応洗浄、計測を行いますが、交換します。


07-IMG_7017.jpg
08-IMG_7018.jpg


 分解過程では、目視でものすごくわかるほどの歪みはなかなかみあたりません。シャフトも残念ながら、それほど歪みは感じません。あとで計測します。エンジンマウントはご覧のとおり。ピボットシャフトなどにダメージがあまりなく、ロワーマウントにクラックが及んだと考えると、瞬間的に相当量しなったのか、右に対して、左のシャフト穴および左ロワーマウントが前方にゆがんでいるか、だと思います。丁寧に各部探傷しなければなりませんので、一度エンジンをおろして(きれいに抜ければいいですね)、洗浄して、まずは目視で探傷を行いたいと思います。いづれにしても、ピボットは進行方向、上下方向に対して、左右ともにきっちりラジアルでないと話になりませんので。余談になりますが、ピボットプレートが削りだしや鋳物で別体のもの、そもそもピボットレスのもの(エンジン貫通)などありますが、そういったバイクは、エンジン・メインフレーム、ピボットパーツなどを順番に締め上げていくことで、センターが出ると思います。そういう意味では、組み手しだいで、ピボットシャフトの平行度・垂直度は変わるということです。たとえば、ある車両は、ピボットプレートと、メインフレームを、位置決めピンなどなしに、4つのボルトで結合します。このとき、マウントボルトの穴径は、大概、3つがぴったりの内径、残り1つが、気持ち大きな内径になっていたりします。調整代を残しておかないと、ストレスなくきれいに締めあがらなかったりするからです。
 話が長くなりますので、割愛しますが、まずはエンジンを下ろして、フレームにどのくらいダメージがのこっているのか、確認後、計測修正したいと思います。


10-IMG_7020.jpg
12-IMG_7022.jpg
13-IMG_7023.jpg
14-IMG_7024.jpg
15-IMG_7025.jpg
17-IMG_7027.jpg
18-IMG_7028.jpg
19-IMG_7029.jpg
21-IMG_7030.jpg
24-IMG_7033.jpg
25-IMG_7034.jpg
27-IMG_7036.jpg
29-IMG_7038.jpg
30-IMG_7039.jpg
31-IMG_7040.jpg
32-IMG_7041.jpg
33-IMG_7042.jpg



 それから、カーボンフェンダーですね。カーボンは、塗料がのりにくいですから、こうして少しはがれると、ペリペリとはがれ始めますね。カッターなどでちょっと引っ掛けるとカサブタのようにはがれていきます。あらかじめ、ある程度はがします。あまり強い番手で足付けすると傷もつきますので、神経使って、ベース面整えます。エキパイガードは傷が深いですね。これは、あまり追いかけません。カスタムペイントの要領で、これから、クリアを塗って、研いで、高さを稼いで、また塗って研いでを繰り返して修復を行います。それほど時間かかりません。


02-IMG_7012.jpg
03-IMG_7013.jpg
04-IMG_7014.jpg
06-IMG_7016.jpg
05-IMG_7015.jpg



 いつもお世話になっているライダーさんから、お米をいただいちゃいました!おいしくいただきます。ありがとうございました(^^♪

01-IMG_7011.jpg


☆丁寧な作業を心がけています。ご用命おまちしております。

※作業紹介および記録につき、記事日付が前後します。ご容赦ください。
※各種 仕上・組み付け・OH・溶接・加工・ブラスト等「予約」にて承ります。 予算に応じて、ご相談承ります。お問い合わせは、メールフォームからどうぞ!
 
にほんブログ村 バイクブログへ
モーターサイクル文化が発展してほしい!

トップページへ

 
 

写真日記 160111 CBR600RR Rサス キャッチタンク続きとか


 案の定、やはり来シーズンの相談?面倒見ろ!とのライダーさんや、はやくバイク来ないかな~といったお客さんと溶接面かぶったまま、お話。キャッチタンクは、ぼちぼち終わらせて、ハンドツールメインに移行しました。キャッチタンクは、写真では、まさに溶接しっぱなしですが、磨き・アルマイト・希望色ガンコートなど、承ります。また、ドレンに関しては、ドライブスプロケカバーの有無の兼ね合いありますので、そもそもドレンの有無、もしくは、ロングタイプのドレン、もしくは本体に対するプラグ式のドレンなど選択できます。接続口は、3/8でタップ立ってますので、通常は、NORMAなどのエルボ配管前提になります。


13-IMG_7010.jpg
01-IMG_6998.jpg
02-IMG_6999.jpg


 ところで、Rサスが帰ってまいりましたので、早速装着。リジッド状態から解放です。状態も良好、しっとりした減衰がきっちり戻っています。試乗してフロントと同時に私なりにアレンジメントしておきます。


05-IMG_7002.jpg
03-IMG_7000.jpg
04-IMG_7001.jpg
07-IMG_7004.jpg


 エンジンとエキゾースト、シートレール以外は、ほぼすべて手を入れました。ボルトや、金属同士の接合面などは、それなりに適切な油脂できっちり組んでいます。よくある、新車からの油脂切れ状態が長期経過した部分は、あらかたなくなったと思いますよ。油脂は塗りたくるもんではありませんが、本来さらっと、きれいに薄皮みたいに張っている状態がいいんです。うすくハンドクリーム塗った感じです。面接触や座面部分、摺動部など、本来あるべき姿で、丁寧に組むと、特段なにかハイスペックな部品など組まずとも、バイクは格段に動きが変わります。レーサーでは当たり前ですけどね。ウチでは、いわゆる普通のリチウムコンプグリスが、結構な勢いでなくなっていきますよ。いつもお尻のポケットには、ハンカチサイズのタオルを入れていて、手についた余分なグリスを後ろ手にし、拭きながら仕事してますよ。


09-IMG_7006.jpg
11-IMG_7008.jpg



☆丁寧な作業を心がけています。ご用命おまちしております。

※作業紹介および記録につき、記事日付が前後します。ご容赦ください。
※各種 仕上・組み付け・OH・溶接・加工・ブラスト等「予約」にて承ります。 予算に応じて、ご相談承ります。お問い合わせは、メールフォームからどうぞ!
 
にほんブログ村 バイクブログへ
モーターサイクル文化が発展してほしい!

トップページへ

 
 

写真日記 160110 キャッチタンク まとめて何個か作る。レースカレンダー


 世の中は、連休の中日?のようです。すっかり忘れていました。正月あけて、またお休みです。この連休明けから、みなさん、仕事が本格的に動き始めるのでしょうか?そういう私も、来客あり、挨拶ありで、手を動かすほうは本調子ではありません。まとめて何個か作っている、ゼファー1100のキャッチタンクの部材を切って、削って、叩いて、丸めて、タップ立ててと。10個くらいつくっておけばいいかな? 明日の夕方には、工作室から整備のほうへ作業に専念できるように!と、やってました。たぶん、明日も相談系のご来客ある予感なので、はやく目処つけたく。


1-IMG_6991.jpg
5-IMG_6995.jpg
3-IMG_6993.jpg
4-IMG_6994.jpg


 さて、スポーツ走行ライダーさんに、レーサーさん、もろもろ打ち合わせ?や相談?など目立ち始めましたが、いまいち地元SUGOのカレンダーを把握していない方が多数なので、MFJ規則書記載のものですが、載せておきます。全日本および併催のMFJカップ250のカレンダーも下記のような感じです。今年は、3月頭には、レースエントリーなど始まります。東北としては、例年より早い流れかと思います。

 SUGOさんのカレンダーは、2015年11月25日時点暫定とのことですので、公式のところ、まだ不明ですかね。1月末には、全日本クラスの予定以外は確定すると思いますよ。


6-IMG_6996.jpg
1-IMG_6997.jpg



☆丁寧な作業を心がけています。ご用命おまちしております。

※作業紹介および記録につき、記事日付が前後します。ご容赦ください。
※各種 仕上・組み付け・OH・溶接・加工・ブラスト等「予約」にて承ります。 予算に応じて、ご相談承ります。お問い合わせは、メールフォームからどうぞ!
 
にほんブログ村 バイクブログへ
モーターサイクル文化が発展してほしい!

トップページへ

 
 

写真日記 160109 FCR 非分解部分 中段 つなぎとか装備


 接着剤で強力に接着およびボルトどめされているFCRのボディ中段。詰まってはいけない場所が詰まっていて、あの手この手を尽くしても駄目なので、やむなく分解です。このパッキンは単品で出ません。だから非分解な訳です。この中段の張り巡らされた通路がガソリンと空気のすべての通り道です。パッキンは絶対にいためないよう、注意して注意して、厳重保管。しょうがなくやっていますので、分解することは決してお勧めしませんというか、駄目ですよ。洗浄の方法やクリーナーの使い方を間違えるとこうなるんですよ~ということで、見てくださいね。



2-IMG_0951.jpg
4-IMG_0953.jpg
5-IMG_0954.jpg


 装備関連のお話が増えてまいりました。当店はネームなどの文字入れやロゴなどのデザインなど、多少は相談にのれると思います。お気軽にご相談ください。画像のヘルメットは、SHOEIさんのいわゆるX-14ですね。海外では、X-spirit3でしょうか?レーサーさんに、赤黒白のこのモデルを手配いたしました。あと1ヶ月半でもう3月ですからね、春なんてあっという間ですよ!ご準備抜かりなく!

1-IMG_6989.jpg
1-Shoei_X_Spirit_3_Assail_TC_1.jpg



☆丁寧な作業を心がけています。ご用命おまちしております。

※作業紹介および記録につき、記事日付が前後します。ご容赦ください。
※各種 仕上・組み付け・OH・溶接・加工・ブラスト等「予約」にて承ります。 予算に応じて、ご相談承ります。お問い合わせは、メールフォームからどうぞ!
 
にほんブログ村 バイクブログへ
モーターサイクル文化が発展してほしい!

トップページへ

 
 

写真日記 160108 CB750F ヘッド バルブとか


 エキゾーストバルブ交換します。十分お役目は果たしたと思います。フェースを研磨するくらいなら、新品にできるなら、変えたほうが良いですからね。インテークは悩むところですが、シートカットしてから決めます。幅は少し詰めます。スリーブ作りますので、しばらくお待ちください。面研量は、あまり圧縮高にならないよう、さらうことを最優先に決めます。

 さて、ちょっと出かけなければならないので、今日は手短ですみません。


01-IMG_6341.jpg
02-IMG_6342.jpg
03-IMG_6343.jpg
04-IMG_6344.jpg
05-IMG_6345.jpg
06-IMG_6346.jpg
07-IMG_6347.jpg
08-IMG_6348.jpg
09-IMG_6349.jpg
10-IMG_6350.jpg
11-IMG_6351.jpg


☆丁寧な作業を心がけています。ご用命おまちしております。

※作業紹介および記録につき、記事日付が前後します。ご容赦ください。
※各種 仕上・組み付け・OH・溶接・加工・ブラスト等「予約」にて承ります。 予算に応じて、ご相談承ります。お問い合わせは、メールフォームからどうぞ!
 
にほんブログ村 バイクブログへ
モーターサイクル文化が発展してほしい!

トップページへ

 
 

写真日記 160107 CBR600RR 定期点検4


オーナーさん向けです。ステムの操作感は、人それぞれです。一概にどのくらいの加減が良いとは言えませんが、依然とはずいぶん違うので戸惑うかもしれません。ウチの周りでは良いという評価が多いので、おそらく気持ちよいステアリング感覚だと思っています。ベアリングやスリーブは状態おおむね良好です。他、写真にある以上にブッシュやシュウドウ部、分解洗浄してあります。ブレーキも、部品一つ一つ点検洗浄。パッドピンも交換ですね。ところで、マスターの蓋、フルードの結晶がたくさんこびりついている車両がたまに入ってきますね。ないやつはないんですよ。たぶん、きっちりマスターキャップを拭いて作業しているかどうかなんだろうなあといつも思います。定期点検時は、グリップも交換!、そう、グリップは定期交換部品ですよね~。


21-IMG_6848.jpg
16-IMG_6843.jpg
18-IMG_6845.jpg
17-IMG_6844.jpg
19-IMG_6846.jpg
20-IMG_6847.jpg
13-IMG_6840.jpg
14-IMG_6841.jpg
15-IMG_6842.jpg
01-IMG_6828.jpg
02-IMG_6829.jpg
03-IMG_6830.jpg
04-IMG_6831.jpg
05-IMG_6832.jpg
07-IMG_6834.jpg
08-IMG_6835.jpg
06-IMG_6833.jpg
09-IMG_6836.jpg
10-IMG_6837.jpg


割れていた箇所は、ピンとエポキシでとめておきました。実用強度はでていると思いますよ。依頼のあったネジ穴損傷部もリコイル立てて完了。書ききれないですが、もろもろ作業完了です。リアサス待ちになっております。後は距離的にヘッドをやるべきなのと、燃調、アクセサリの配線類を見直すことくらい、と思っております。


22-IMG_6849.jpg
23-IMG_6850.jpg
24-IMG_6851.jpg
25-IMG_6852.jpg
27-IMG_6854.jpg
28-IMG_6855.jpg
29-IMG_6856.jpg
30-IMG_6857.jpg
31-IMG_6863.jpg
32-IMG_6864.jpg
33-IMG_6865.jpg




☆丁寧な作業を心がけています。ご用命おまちしております。

※作業紹介および記録につき、記事日付が前後します。ご容赦ください。
※各種 仕上・組み付け・OH・溶接・加工・ブラスト等「予約」にて承ります。 予算に応じて、ご相談承ります。お問い合わせは、メールフォームからどうぞ!
 
にほんブログ村 バイクブログへ
モーターサイクル文化が発展してほしい!

トップページへ

 
 

写真日記 160106 本日はお休みでしたので、保守。


 年末に手が回らず、清掃のみで済ませていた機械たちですが、忙しかった為、効率が悪いまま仕事をしていました。部材だけは用意していたんですけど。お休みの日くらいじゃないと、じっくり保守できないので、本日はバイク触りませんでした。ハンドツールの整理なんて、たいして問題ありませんが、切削・研磨・タップにダイス、コレットに、たくさんのドリル、こういった道具は、本当整理しておかないと仕事が遅くてたまりません。ノギスとピッチゲージ持ってウロウロするとイライラしてしまいます。特に、普通のストレートドリル。さすがにぱっと見て、0.5はわかりますが、0.1の違いはわかりませんので。安いのから、高いのまで、各種ドリルスタンドも買いましたが、どれもしっくりこなかったので、そこらへんにあった部材でスタンド作ってました。アクリル板は、ヘッドの容積を測るやつですね。


3-IMG_6983.jpg
4-IMG_6984.jpg
2-IMG_6980.jpg
7-IMG_6987.jpg
5-IMG_6985.jpg
6-IMG_6986.jpg


 と、ここでトラブル。過酷な環境下で酷使してきた、カメラのレンズが通信エラー。掃除してもかなりの頻度でエラーがでます。接点不良というよりも、レンズの内部がだめになったみたいです。カメラ屋さんに相談したら、新品のカメラボディに持っていったレンズをつけてくれて、一発で原因がレンズにあることを特定してくれました。ずぶの素人にもわかりやすく丁寧に説明してくれたカメラ屋さんに感謝。ところで、カメラもバイクと同じですよね。買うよりも、ちゃんと保守するのが大変。レンズの高いこと高いこと。当然、私は、一番リーズナブルなやつをセレクトしてもらいました!


1-IMG_6969.jpg
 



☆丁寧な作業を心がけています。ご用命おまちしております。

※作業紹介および記録につき、記事日付が前後します。ご容赦ください。
※各種 仕上・組み付け・OH・溶接・加工・ブラスト等「予約」にて承ります。 予算に応じて、ご相談承ります。お問い合わせは、メールフォームからどうぞ!
 
にほんブログ村 バイクブログへ
モーターサイクル文化が発展してほしい!

トップページへ

 
 

写真日記 160105 新年初?仕事 キャッチタンクとか

 
 みなさん、新年いかがお過ごしでしょうか? 今年は、カレンダーの並びが悪くて、休みが少ない?なんて方もいるようですね。サービス業などで三が日、出勤だった方たちは、今週末あたりからお休みのようです。私は、久々に手持ち無沙汰な気分を味わいました。何もしてはいけない?と思いつつも、手を動かしたくてしょうがない性分なので。
 今年もがんばっていきたいと思います。よろしくお願いいたします。
 今年も、関心のない人には、まったく分けのわからないブログになると思いますが、、、ご了承ください。

30-IMG_6882.jpg


 さて、初ハンドツール仕事は済ませてありました(休み中(^^ゞ)ので、初溶接仕事。うーん、書き留めてある溶接条件を引っ張り出すのですが、久しぶりなので、トーチを途中で止めてしまいます。楕円形だからかな?ポジショナー引っ張り出すほどでもないのですが。いつも、板を楕円に丸めるのにちょっと、一苦労。それに円周計算。円周は、板の長さですね。いつもは、板金ソフトで計算していたのですが、autocadで簡単に計算できることをいまさらながら知りました(^^ゞ。便利、便利。板厚だけ考慮に入れて手計算。


10-IMG_6876.jpg
20-IMG_6879.jpg
6-IMG_6909.jpg
7-IMG_6911.jpg


 お正月休みに、定期的に電気をつけるようにしていたのですが、しっかりと葉っぱ(オリヅルラン)も成長しておりました。歩みは遅いのですけども。ちょっと見ない間に、育つ様はいいものです。水差しも買ってきたし、今年は、株増やしたいな。そう、オリヅルランの後ろにある文章のとおり、今年も、モーターサイクルファンのみ!とお相手できれば?と思っております。


4-IMG_6884.jpg
5-IMG_6886.jpg


 よろしくお願いいたします。



☆丁寧な作業を心がけています。ご用命おまちしております。

※作業紹介および記録につき、記事日付が前後します。ご容赦ください。
※各種 仕上・組み付け・OH・溶接・加工・ブラスト等「予約」にて承ります。 予算に応じて、ご相談承ります。お問い合わせは、メールフォームからどうぞ!
 
にほんブログ村 バイクブログへ
モーターサイクル文化が発展してほしい!

トップページへ

2016 A HAPPY NEW YEAR


 新年あけましておめでとうございます。
 
 本年も、オートバイにまっすぐな視線を注ぐ皆様と、豊かなお付き合いをしていけるよう尽力いたします。
  
 よろしくお願い申し上げます。
 平成28年元旦

 トライブファクトリー 関 一正

 追伸 : 関係者皆様に、年始挨拶が行き届きませんので、ご挨拶代わりに下記ご覧いただければ幸いです。





web用2016年賀状1
 




 



それから、別バージョンです。若手を代表して、お二方。いろいろと勉強しながら、じっくりと、たくましく、成長してほしいものです(^^♪

 
 レーシングライダー #23 相澤 駿 
 
web用2016年賀状2
 




 ライダー兼メカニック #72 酒井健太

web用2016年賀状3



にほんブログ村 バイクブログへ
モーターサイクル文化が発展してほしい!

トップページへ


FC2Ad