«新車の定義を知りませんが! ←|→シャーシ あちこち計測»

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

«新車の定義を知りませんが! ←|→シャーシ あちこち計測»

フライバイワイヤー スロボ

ミクニさんのスロットルボディですね。
最近は、右手とスロットルバルブは、直結してないのが珍しくないですね~~

3つ目の作業、小休止。

バイワイヤーは、入力されたスロットルの数値を拾って、ECUに送り、モーターでバタフライバルブを制御します。したがって、スロットルの開度を拾うセンサーは、二つありますね。
おなじみのTPSと、もう一つはAPSですね。車の人の方が馴染みはあるでしょうね。

このスロボは、APSの軸線上にプーリーやリンク、スプリングがついています。
ただバタフライバルブは、ベアリング支持に対して、人間が入力する方のシャフトは、そうじゃないんですね。
バネが3つあって、シールがあって、シャフトが穴に入ります。中は、シリコン系のグリスが入って摺動しています。
だから、ただでさえ、重たいのに、時間の経過に伴い、益々重くなるんですね。
メンテナンスにあたっては、ちょう度やメンテサイクルが重要になりますから、何がいいかは一概にはいえません。

分解指定にも入っていませんし、単品で部品もでません。一般の方は、触らないでくださいね。センサーの補正と確認も必要になりますので。


関連記事
スポンサーサイト

«新車の定義を知りませんが!←|→シャーシ あちこち計測»

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tribefactory.blog93.fc2.com/tb.php/624-24b1994f

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。