«そんなに走らせてないけど 2014 R6 エンジン ←|→ガチャンと 保管スタンド R6»

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

«そんなに走らせてないけど 2014 R6 エンジン ←|→ガチャンと 保管スタンド R6»

またまた、STM

新規STM、着荷しました。
少しずつ部品が変わってますかね?
まあほとんど変わってないですけど。

以下、レースの話です。

ST600は、今年から全日本がブリジストンワンメイクになりますね。来年からは、地方選もですね。使用本数の制限がありますので、タイヤのマネジメントが非常に重要になりますね。

タイヤをより一層効率よく使わなければならないわけです。

サスペンションや駆動系などの性能が上がると、マネジメントが楽になりますね。

では、速くなるのかといえば、ライダーさん次第と答えるのが正しいと思います。上手く使えれば、ライダーさんのアドバンテージにはなりますね。


では、一般のライダーさんにとってどうかといえば、こちらにもやはりメリットは、大きいですね。
年々タイヤやコース路面の性能が上がってますから、車体に対する入力や負荷は大きくなっているのかな~~と。そうだとすると、サスペンションや駆動系の従来の性能を引き出すことが容易になりますね。言葉を変えれば、使い切ることがしやすくなる。
そうすると、各部、磨耗やネガが増えますね。
ワンランク上の部品を入れると、そういうネガに対応はしやすいのかな~~と、思います。


レースの話に戻ると、
タイヤを本数制限すると
結果、タイヤのコストは下がりますが、
きっと、車体のコストはあがるんじゃないでしょうかね。
歯がゆいですわ。


結局、ライダーさん次第ですけどね。









関連記事
スポンサーサイト

«そんなに走らせてないけど 2014 R6 エンジン←|→ガチャンと 保管スタンド R6»

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tribefactory.blog93.fc2.com/tb.php/628-6cefa864

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。