«ラジエーターフィッティング・・・・MBラジエーター・・・R6 その1 ←|→CR125R 02 (o) フォーク 圧側COMP交換»

ラジエーターフィッティング・・・・MBラジエーター・・・R6 その2

こんばんは。トライブファクトリー staff チコ です。


キャップの移設を行います。
本来のキャップの位置は、サイドカウルと絶妙なクリアランス。
なおかつ、転倒したら真っ先にキャップが押されますし、キャップ合口部分は非常にゆがみやすいものです。そのような事態を避けるために内側に移動します。


2~3cmほど斜め上方に移動したいだけですが、さすがにφ25 t1.5のアルミパイプをその範囲でS字に曲げるのは不可能ですし、J字に曲げて一度溶接というのも非現実的なので、斜めにパイプをカットして溶接します。断面積がまったく異なりますので、溶接時に切り口を落とし込みながら溶接します。
P1010932-01.jpg
P1010933-01.jpg
P1010936-01.jpg
パイプの断面積:キャップ側がラジエーター側に対して楕円度が大きくならざるをえないため大変。


P1010941-01.jpg
ラジエータステーは10cm弱になります。
きっちり補強プレート上に溶接してありますので、ラジエータ上面のプレートが浮き上がることはありませんが、一応補強棒を左右とも追加しました。
P1010938-01.jpg


カウルの内側に入るように作りました。
これでよくある、転倒によるキャップはずれを回避できるでしょう。

 

“トライブファクトリーはお客様のニーズにお答えするモーターサイクルワークショップです。”


 

関連記事
スポンサーサイト

«ラジエーターフィッティング・・・・MBラジエーター・・・R6 その1←|→CR125R 02 (o) フォーク 圧側COMP交換»

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tribefactory.blog93.fc2.com/tb.php/68-81f2dc86

FC2Ad