«写真日記 151205 冬だって、コース走行準備 ←|→写真日記 151207 目立たない小物たち:作業 Z その1»

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

«写真日記 151205 冬だって、コース走行準備 ←|→写真日記 151207 目立たない小物たち:作業 Z その1»

写真日記 151206 仙台は初物づくし Z試走 SP50バネとか

 本日は、仙台の「地下鉄東西線」の開業日で、「SENDAIせんだい光のページェント」の点灯開始日であります。いろいろ初めてづくしですね。ローカルな話ですが、光のページェントは、遠方の方もかなりいらっしゃるみたいですね。興味ある方は、検索してみてください(^^♪。年末までやってるはずです。
 
 本日は、おそらく、ご来店がボチボチある!(普段は、皆さん、気を使ってあまりこないので・・・(^^ゞ
 と思い、朝から、ほんのちょこっとだけ試走。地下鉄東西線の車両基地あたりまで、浜沿いをぼーっと走行です。ファイナル的には、トップ2400rpmで60kmです!そこからあければ、ちょうど良い気持ちよさ。実用回転域・速度とエンジン音がちょうどいいですかね。しかしながら、ニードルのストレート径若干太いのか、ちょっと薄すすぎましたね。予想はして発注していたので、明日には、もろもろスロー・中間の不足キャブ部品来るでしょう。じっくり、朝から煮詰めていきますね。
05-IMG_6444.jpg
 
 ロガーをつんで、ゆっくり定地走行ですので、トラックの運転手さんの視線が熱かったです。「なにそれ?」って感じですかね。そりゃそうです。
 
 ※ちなみに、実走行でセッティングするときに、必ず、AFRをとるわけではありません。数値を優先しすぎてもあまり意味はありません。ただし、中間での煮詰めや、メイン系の選定でつめるようなときは、データをとらないとちょっと難しいです。別にAFのボスがついていなくても、メガホンやショート管以外の組み立て式のフルエキであれば、ログ用の短い中間パイプを用意しますのでご心配なく、お問い合わせください。
 
03-IMG_6437.jpg
11-IMG_6465.jpg
01-IMG_6433.jpg
02-IMG_6436.jpg

 
 新しいピストンを眺めるお客さんと、新しいR1どうしようかね~というライダーさんと、初物尽くしの話をしているところへ、SP50レーサーさん登場で、バネの話になりました。

10-IMG_6464.jpg
 
 私、まだまだ何もわかってないので!、みなさん、端的に質問なんですけど、こんなこと↓って普通にあるんですか?
 
 あるショックスプリングがあります。5インチ(127ミリ)の自由長、レートは9kgf/mmくらい。これに10%~12%イニシャルかけてショックにセットします。セット長は、114ミリ~112ミリ近辺。これでコースを走ってると、知らず知らずの間に、自由長が、5ミリ以上10ミリ弱ヘタって、縮んじゃう? こんなことあります? ショックには、リバウンドスプリング(トップアウト)は入っていませんよ。なので、内部スペーサーつぶれるわけでもなかろうし、え、なんで?ハイパコなんですけどね。すくなくとも2人以上は経験者がいるみたいです。。。私も聞いた話なので、現象がすんなり飲み込めず、よくわからないんですが、、、、、自分が新品時の自由長を計っていればわかりますけど。勉強不足ですみません。
 
 ちなみに、普通は、スプリングの長さの公差は、経験的に多くても、±2ミリくらいだと思っています。モーターサイクル用のちゃんとしたスプリングですよ。かなりイニシャルかけて、走りまくっても、そんな極端にバネがへたったことないもので、、、、オフロードの方とかどうなんでしょう。そんなに自由長かわりますか?ガタガタいうほど明らかにみじかくなりますか?わたしが触ることの多いショックユニットが、そんなにスプリングに負荷をガンガンかけない?レンジのものばかりだったのでしょうか・・・?
 
 話し変わって、個人的に気になるのは、ハイパコやアイバッハなどの、優れたスプリング鋼を選択しても、スプリングシート部分をきっちりしないと初期と最後の動きがちょっと微妙になるんじゃない?と思って眺めています。確かに、ぱっと見、IDが多少大きくても支障はないんですが、ずれて、無駄にねじれたりしていると思うんですよね。私なら、IDにあうリテーナーをきっちりつくりますね。微妙なサイズなんですけどね。
 
 と、ちょっと想像しながら、現状まとめて、なんとなく!いつものように考えて、なんとなく、次にトライするスプリングの選定。ちなみに、なんとなく考えるのがミソだとおもいます。難しく考えてもだめだと思っています。計算上より硬くも柔らかくもでるのがバネです。イニシャルをかけても動くものは動くし、抜いても硬い!なんて普通ですから。ユニットとして、パッケージングして、なんぼですからね。最終的にはライダーの感覚が最終判断ですからね。明日在庫確認します。

 あ、新しいリプレイスのスプリングは、私は、必ず自由長は確認します。レートも必要と考えれば、簡易でも複数回にわたって確認します。工業製品ですから、おかしなものもあるのが普通ですからね。とくにフォークスプリング含めて、刻印も意味がわからない!というパターンで、レートが不明になることってよくありますからね。

08-IMG_6462.jpg
06-IMG_6460.jpg
07-IMG_6461.jpg
09-IMG_6463.jpg

☆丁寧な作業を心がけています。ご用命おまちしております。

※作業紹介および記録につき、記事日付が前後します。ご容赦ください。
※各種 仕上・組み付け・OH・溶接・加工・ブラスト等「予約」にて承ります。 予算に応じて、ご相談承ります。お問い合わせは、メールフォームからどうぞ!
 
にほんブログ村 バイクブログへ
モーターサイクル文化が発展してほしい!
関連記事
スポンサーサイト

«写真日記 151205 冬だって、コース走行準備←|→写真日記 151207 目立たない小物たち:作業 Z その1»

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tribefactory.blog93.fc2.com/tb.php/730-6d990c05

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。