«写真日記 160111 CBR600RR Rサス キャッチタンク続きとか ←|→写真日記 160113 お休みなので、南下する予定でしたが、+SUGOスケ»

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

«写真日記 160111 CBR600RR Rサス キャッチタンク続きとか ←|→写真日記 160113 お休みなので、南下する予定でしたが、+SUGOスケ»

写真日記 160112 Z1000 事故修復1? カーボンフェンダーとか


 一時停止中、思いっきり真っ直ぐ追突され、衝撃をきれいにクランクケースロワーマウントが吸収したと思われるZ1000です。オーナーが長年にわたって距離を重ねてきた大事なバイクです。きっちり確認しながら、事故にあう直前まで戻そうと思います。
 
 
19-IMG_7043.jpg


 本来ならあまりダメージを受けることが少なく、また、フレームの基準ともなるピボットのダメージが予想されるため、どのようなプロセスで現状復旧していくか思案していましたが、いずれにしてもダミーエンジンか、寸法の出ているエンジンを載せる前提で、探傷前提で各部確認していくことにします。ピボットシャフトがきれいに抜けないんでなはないかとか、Rアクスルやリンケージなど、後ろから順にボルトが少しづつ曲がってくれて、衝撃を吸収してくれていればいいな!などど、考えながら、ひとつづつ手ごたえを確認しながら、はずしておりました。スイングアームは、一応洗浄、計測を行いますが、交換します。


07-IMG_7017.jpg
08-IMG_7018.jpg


 分解過程では、目視でものすごくわかるほどの歪みはなかなかみあたりません。シャフトも残念ながら、それほど歪みは感じません。あとで計測します。エンジンマウントはご覧のとおり。ピボットシャフトなどにダメージがあまりなく、ロワーマウントにクラックが及んだと考えると、瞬間的に相当量しなったのか、右に対して、左のシャフト穴および左ロワーマウントが前方にゆがんでいるか、だと思います。丁寧に各部探傷しなければなりませんので、一度エンジンをおろして(きれいに抜ければいいですね)、洗浄して、まずは目視で探傷を行いたいと思います。いづれにしても、ピボットは進行方向、上下方向に対して、左右ともにきっちりラジアルでないと話になりませんので。余談になりますが、ピボットプレートが削りだしや鋳物で別体のもの、そもそもピボットレスのもの(エンジン貫通)などありますが、そういったバイクは、エンジン・メインフレーム、ピボットパーツなどを順番に締め上げていくことで、センターが出ると思います。そういう意味では、組み手しだいで、ピボットシャフトの平行度・垂直度は変わるということです。たとえば、ある車両は、ピボットプレートと、メインフレームを、位置決めピンなどなしに、4つのボルトで結合します。このとき、マウントボルトの穴径は、大概、3つがぴったりの内径、残り1つが、気持ち大きな内径になっていたりします。調整代を残しておかないと、ストレスなくきれいに締めあがらなかったりするからです。
 話が長くなりますので、割愛しますが、まずはエンジンを下ろして、フレームにどのくらいダメージがのこっているのか、確認後、計測修正したいと思います。


10-IMG_7020.jpg
12-IMG_7022.jpg
13-IMG_7023.jpg
14-IMG_7024.jpg
15-IMG_7025.jpg
17-IMG_7027.jpg
18-IMG_7028.jpg
19-IMG_7029.jpg
21-IMG_7030.jpg
24-IMG_7033.jpg
25-IMG_7034.jpg
27-IMG_7036.jpg
29-IMG_7038.jpg
30-IMG_7039.jpg
31-IMG_7040.jpg
32-IMG_7041.jpg
33-IMG_7042.jpg



 それから、カーボンフェンダーですね。カーボンは、塗料がのりにくいですから、こうして少しはがれると、ペリペリとはがれ始めますね。カッターなどでちょっと引っ掛けるとカサブタのようにはがれていきます。あらかじめ、ある程度はがします。あまり強い番手で足付けすると傷もつきますので、神経使って、ベース面整えます。エキパイガードは傷が深いですね。これは、あまり追いかけません。カスタムペイントの要領で、これから、クリアを塗って、研いで、高さを稼いで、また塗って研いでを繰り返して修復を行います。それほど時間かかりません。


02-IMG_7012.jpg
03-IMG_7013.jpg
04-IMG_7014.jpg
06-IMG_7016.jpg
05-IMG_7015.jpg



 いつもお世話になっているライダーさんから、お米をいただいちゃいました!おいしくいただきます。ありがとうございました(^^♪

01-IMG_7011.jpg


☆丁寧な作業を心がけています。ご用命おまちしております。

※作業紹介および記録につき、記事日付が前後します。ご容赦ください。
※各種 仕上・組み付け・OH・溶接・加工・ブラスト等「予約」にて承ります。 予算に応じて、ご相談承ります。お問い合わせは、メールフォームからどうぞ!
 
にほんブログ村 バイクブログへ
モーターサイクル文化が発展してほしい!

トップページへ

 
 
関連記事
スポンサーサイト

«写真日記 160111 CBR600RR Rサス キャッチタンク続きとか←|→写真日記 160113 お休みなので、南下する予定でしたが、+SUGOスケ»

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tribefactory.blog93.fc2.com/tb.php/769-31f912d4

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。