«写真日記 160128 水冷Z1000 ミッション  ←|→写真日記 160130 2者面談?ヘッド!»

写真日記 160129 水冷Z1000 シリンダヘッド側面修正過程


 手を動かしながらも、いろいろな打ち合わせや、会計・起票に目白押しでなかなかうまくはかどりませんで、ブログもちょっと遅れ気味です。いろいろ記載すべき内容はあるのですが、ちょっと体が空き始めたら、もっと書こうと思います(^^ゞ。本日もマニアックですみません。
 
 ヘッドの側面が転倒によって内側にゆがんで入ってしまったので修正です。ヘッド全体に歪みはないです。このヘッドは、まだまだ走らせますので、ちゃんと直しながら距離を伸ばしたいものですから、修正!。さて、カムチェーン横のエキゾースト側の方が、1ミリくらい内側に入ってしまってますね。それに、ヘッドカバーガスケットの耳の部分がエグレテ、欠損ができていますので、少しづつアルゴンで持って削って修正。写真を撮り損ねたのですが、特殊なクランプを用意して、修正部位を必要最低限、加温して、ヘッドを傷つけないよう固定台にすえつけて、スライドハンマーですこしづつ引っ張り出します。一生懸命やって、0.3ミリくらい残して、なんとか引っ張り出しました。きっちりカバーに対してガスケットが噛みますので、良しとします。あとは欠損部位を確認しながら、既存の切削面をなるべく溶かし過ぎないように、慎重に肉持って、削って、巣穴を対処しながら切削です。現状、粗く出して削り終わっています。もう少し追求したら完了でいいかなと思っています。オイル漏れの心配のない傷は、勲章?ということであえて残したいかな?と思っています。復元することはできますけど、オーナーさん、機能に影響ない傷は復元しなくていいですよね?とまあ、こんな感じでした!
 
 
04-IMG_7204.jpg

03-IMG_7203.jpg

01-IMG_7201.jpg

02-IMG_7202.jpg

05-IMG_7205.jpg

11-IMG_7211.jpg

10-IMG_7210.jpg

15-IMG_7215.jpg

12-IMG_7212.jpg

16-IMG_7216.jpg

17-IMG_7217.jpg

18-IMG_7218.jpg

19-IMG_7219.jpg

 

☆丁寧な作業を心がけています。ご用命おまちしております。

※作業紹介および記録につき、記事日付が前後します。ご容赦ください。
※各種 仕上・組み付け・OH・溶接・加工・ブラスト等「予約」にて承ります。 予算に応じて、ご相談承ります。お問い合わせは、メールフォームからどうぞ!
 
にほんブログ村 バイクブログへ
モーターサイクル文化が発展してほしい!

トップページへ

 
 
関連記事
スポンサーサイト

«写真日記 160128 水冷Z1000 ミッション ←|→写真日記 160130 2者面談?ヘッド!»

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tribefactory.blog93.fc2.com/tb.php/787-e5aa28b9

FC2Ad