«写真日記 160130 2者面談?ヘッド! ←|→写真日記 160201 水冷Z1000 クランクにコンロッド»

写真日記 160131 水冷Z1000 エキゾーストバルブ 


 懸案のEX VALVE。やっぱり、距離走ったオートバイの鬼門はエキゾーストバルブです。一番、熱を過酷に受けていますからね。久しぶりのきついカーボンと格闘です。いつもより溶剤にかなり頼りましたけど、それでも硬くてなかなか取れません。この、硬いカーボンをなんとかとって、タコ棒・ラッパーで持ち上げれるようにしないと話になりませんので。


1-IMG_7222.jpg

2-IMG_7223.jpg

3-IMG_7224.jpg

4-IMG_7225.jpg


 ひととおり、カーボンをとりましてやっとバルブフェイスの現状とご対面。昔のバルブと違って、それほど目視で凹凸が出るほどではありませんが、気筒によって、きっちりカーボンの食い込みが激しくみられますね。あたり幅も2ミリちょっとのバルブもあります。それでも距離からするときっちりあたっているほうで、大きな噛みこみなどないですし、問題が出ているようなことはなかったと思いますね。一応、あたり幅を点検したあとで、軽く摺り合わせ。食い込みがさらっと取れそうなバルブもありますが、相当食っているバルブもありますね。今までの走行距離と、これからの走行距離を想定すると、バルブは新品にすべきですね。バルブフェイスを慣らすことはできますが、現状ですと、バルブが上がっていくことは必至ですし、なにより距離からすれば交換してもよい部品ですので。鉄バルブですから、それほど過酷な走行をしなければ、バルブ単独のトラブルはあまり考えませんが、エキゾーストバルブは交換したほうが無難ですね。シートリングのほうも若干傷が見えますので、旧バルブは、バルブシートの慣らしにもっぱら使ってお役目ごめんにします。新しいバルブが着荷したら、かるくシートカットしてあたり幅調整・すり合わせすることにいたします。
 そうそう、ガイドは問題ないですよ。
 
5-IMG_7226.jpg

6-IMG_7227.jpg

7-IMG_7228.jpg

8-IMG_7229.jpg

9-IMG_7230.jpg



☆丁寧な作業を心がけています。ご用命おまちしております。

※作業紹介および記録につき、記事日付が前後します。ご容赦ください。
※各種 仕上・組み付け・OH・溶接・加工・ブラスト等「予約」にて承ります。 予算に応じて、ご相談承ります。お問い合わせは、メールフォームからどうぞ!
 
にほんブログ村 バイクブログへ
モーターサイクル文化が発展してほしい!

トップページへ

 
 
関連記事
スポンサーサイト

«写真日記 160130 2者面談?ヘッド!←|→写真日記 160201 水冷Z1000 クランクにコンロッド»

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tribefactory.blog93.fc2.com/tb.php/789-c1729458

FC2Ad